« 福島第一1号機,美浜1号機と並ぶ「老朽炉三兄弟」の長男というべき敦賀1号機で相次ぐトラブル | トップページ | 福島第一・第二原発で立て続けに発生している自動・手動停止トラブル »

2007年3月 9日 (金)

福島第一4号機でタービン自動停止…出力が不安定に変動

★先月2月に定期検査に入った福島第一4号機は,2月11日の停止動作の際に「主タービンが自動停止する」という耳慣れないことが起き,原子炉を4時間かけて停止する際に出力が不安定になり,6パーセントから23パーセントに上昇するという事態が起きていました。

★「原子炉水位高」の警報が発生したときに、主タービンが自動停止するだけで,なぜ原子炉は自動停止しなかったのか。出力の不安定,変動はなぜ起きたのか,なぜそれが大きな問題としないのか,不思議です。実はこのようなことはよく起きていて,これまでは黙っていたのではないかという疑念もあります。

原子炉停止操作中の福島第一原子力発電所4号機における主タービンの自動停止について/東京電力株式会社平成19年2月11日
http://www.tepco.co.jp/cc/press/07021101-j.html

「発電が停止したことから、発電機よりプラントの機器に供給する電源の隔離作業を行いましたが、操作を誤ったため原子炉給水ポンプが停止し原子炉水位が低下しました。 このため、原子炉水位の回復操作を実施したところ原子炉水位が上昇し、午前0時26分、「原子炉水位高」の警報が発生し、主タービンが自動停止いたしました。」

「なお、本事象の発生にともない事象発生前約10パーセントの原子炉出力が、一時的に約6パーセントから約23パーセントまで変動いたしました。 その後、原子炉水位が安定したため引き続き原子炉の停止操作を継続し、午前4時44分、原子炉は安全に停止いたしました。 今後、操作を誤った原因を調査いたします。 これによる外部への放射能の影響はありません。 」

★昨日行われた柏崎刈羽原発の「地域の会」でも話題になったとのことです。
http://www.tepco.co.jp/nu/kk-np/tiiki/index-j.html
http://www.tepco.co.jp/nu/kk-np/tiiki/pdf/190308.pdf

★福島第一4号機は,その後,止まっているのにスクラムの誤信号が出るというトラブルも発生しています。
http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/press_f1/2006/pdfdata/bi7216-j.pdf

|

« 福島第一1号機,美浜1号機と並ぶ「老朽炉三兄弟」の長男というべき敦賀1号機で相次ぐトラブル | トップページ | 福島第一・第二原発で立て続けに発生している自動・手動停止トラブル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島第一4号機でタービン自動停止…出力が不安定に変動:

« 福島第一1号機,美浜1号機と並ぶ「老朽炉三兄弟」の長男というべき敦賀1号機で相次ぐトラブル | トップページ | 福島第一・第二原発で立て続けに発生している自動・手動停止トラブル »