2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 【審議会】開催通知…安全委立入報告・MOX健全性意見聴取会・耐震バックチェック | トップページ | 【要請】高浜プルサーマルに関する質問・要望書(美浜の会HPより) »

2010/06/24

【記事情報】22日の要請行動/増子副大臣視察/保安院審議官の見通し

6月20日付 読売福島版
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/fukushima/news/20100619-OYT8T01049.htm

■6月23日付 22日の要請行動について

プルサーマル中止 県と県議会に要望 脱原発ネットなど(福島民報)

(前略)17日に福島第一原発2号機(大熊町)で原子炉が自動停止したトラブルについて、事業者に原因究明と情報公開を徹底  させるよう求める要望書も出した。佐藤世話人ら9人が県庁を訪ねた。

プルサーマル中止を求める(福島民友)

(前略)また、同原発2号機で起きた、外部電源の不具合による自動停止について、県が情報開示を求めるよう要望した。福島老朽原発を考える会など7団体も同趣旨の要請を行った。

■6月22日付 増子経産副大臣の視察関係

 増子副大臣は、21日、横尾エネ庁電力・ガス事業部長、黒木保安院審議官ら11人を引き連れて福島第一3号機を視察した。東電は、小森第一発電所長が対応し、原子炉建屋の燃料交換機制御操作室(MOX燃料の健全性の確認)、タービン建屋内の給水系配管の減肉測定現場(高経年化対策の確認)などを調査した。その後、東電社員等300人を集めて、「国民の安全、安心、信頼を勝ち取るのが最も大切」 などと訓示した
 増子副大臣は、耐震安全性の確認は「7月中に結論が出せるだろう」と述べたほか、保安院の分離を含む原子力安全確保の在り方検証を参院選後に設ける検証会議で6回開催する予定で、初回に雄平知事の出席を求めると述べた

■6月23日付 保安院審議官の見通し(福島民報)

 保安院の黒木審議官(実用発電用原子炉担当)が6月21、22両日、原子力安全月間(5、6月)の一環として、東電福島第一・第二原発、立地町などを訪問した「両原発では、発電所幹部、協力企業とそれぞれ懇談し、検査業務や情報提供、人材育成などのあり方について意見を交わした」「立地町長との懇談では、(中略)技術的3条件について、保安院の検証の進捗状況を説明した」技術的3条件の検証の進捗について、22日の記者との懇談会で、「耐震安全性については、大きな課題がなければあと数回で評価がまとまる」「高経年化対策は、22日に保安検査を実施し、結論まで時間を要しない」「MOX燃料の健全性は、あと1回程度の会議で結論が出る見通し」

« 【審議会】開催通知…安全委立入報告・MOX健全性意見聴取会・耐震バックチェック | トップページ | 【要請】高浜プルサーマルに関する質問・要望書(美浜の会HPより) »

福島プルサーマル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32037/48709931

この記事へのトラックバック一覧です: 【記事情報】22日の要請行動/増子副大臣視察/保安院審議官の見通し:

« 【審議会】開催通知…安全委立入報告・MOX健全性意見聴取会・耐震バックチェック | トップページ | 【要請】高浜プルサーマルに関する質問・要望書(美浜の会HPより) »