2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 【審議会】構造ワーキングAサブグループで福島第一3号機審議 | トップページ | 【事故1】炉心溶融の可能性があった電源喪失水位低下事故 »

2010/06/18

【記事情報】福島プルサーマル予定炉の隣の2号機で深刻な事故

プルサーマルを行う福島第一原発3号機は明日から定期検査に入りますが、昨日自動停止した隣の2号機は原子炉の水位が2メートルが下がるという深刻な事故です。プルサーマルどころではありません!!

◆福島第1原発:2号機トラブル 原子炉水位が低下 11年半ぶり自動停止 /福島

6月18日12時19分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100618-00000142-mailo-l07

 運転中の福島第1原発2号機(大熊町)が17日、発電機の故障で自動停止したトラブルは、原発を安全に停止するために必要な外部からの代替電力の供給が行えず、原子炉の水位が約2メートル低下する深刻な事態だった。東京電力は同日、県と原子力安全・保安院にトラブルを報告したが、復旧のめどは立っていない。
 東電によると、同日午後2時50分ごろ、タービン建屋内の主発電機を制御する「界磁遮断機」が故障し、発電機とタービンが停止。タービンを回す蒸気の発生を止めるため、原子炉も停止した。原子炉本体に問題はなく、放射能漏れなど外部への影響はないという。同原発の自動停止は98年11月の3号機以来、約11年半ぶりだった。
 原子炉が止まった場合、外部の送電線から発電所内の電力を供給するが、切り替え装置が機能せず、2号機全体が停電。このため、原子炉内に冷却水を給水するポンプが動かなくなった。十数分後に非常用のディーゼル発電機が起動し、代替ポンプで水位を回復させた。
 水位の低下は炉心の燃料棒を露出させ、原発にとって最も危険な空だき状態を引き起こす恐れがある。原子炉は停止しても、停止直後の燃料棒には熱が残っているため、重大な事故になる可能性がある。今回も水位の低下が止まらなければ、緊急炉心冷却装置が作動していた。【関雄輔】

« 【審議会】構造ワーキングAサブグループで福島第一3号機審議 | トップページ | 【事故1】炉心溶融の可能性があった電源喪失水位低下事故 »

福島プルサーマル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32037/48662286

この記事へのトラックバック一覧です: 【記事情報】福島プルサーマル予定炉の隣の2号機で深刻な事故:

« 【審議会】構造ワーキングAサブグループで福島第一3号機審議 | トップページ | 【事故1】炉心溶融の可能性があった電源喪失水位低下事故 »