2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

« 【県技連】課題山積なのに…東電からの聞き取りこれで終わり??? | トップページ | 【事故6】2号機原子炉外部電源全喪失事故に関するレポート(東電共の会) »

2010/07/13

【事故5】7月9日東電本社における聞き取りから(東電共の会)

福島第一・2号「外部電源全喪失事故」が提起した深刻な欠陥
~7月9日東電本社における聞き取りから~

2010.7.12 
東京電力と共に脱原発をめざす会 

当会では、6日の東電の発表を受けて、9日に本社で説明を受けました。原因と対策と称するその内容は、たいへん深刻なものであり、またその対策はとても納得のいくものではありませんでした。

○原因究明が全くできていない。すべて推定にすぎない。
○時系列、チャート等具体的な証拠がなにも示されていない。
○真の原因は、外部電源切り替えができなかったこと
○外部電源のシステムエラーであるが、インターロックの内包する欠陥という普遍性をもつ
○他のプラントはもとより、全国、海外にも水平展開すべき重大事故。

このまま起動準備に入るとは、あまりにも無謀です。
しかし報道もおよそ満足ではなく、県民に事実が知らされていません。
何より保安院の規制が機能していません。(他の事故と比べ全く異例の対応)

■以下に、9日東電本社における質疑で明らかになった問題点を列挙します。

1)発端は人為ミスというが、到底原因とはいえない。

系統安定化装置は1年半以上前までに撤去しており、補助リレーの電源はoff,コイルもはずしてあった。作業員が触れたくらいで補助リレーが作動するとは考えられない。(作業員は接触を否定しているという、記憶に無いほどの接触)
打振試験で作動したというが、よほど強い打振をしなければ作動しないはず。再現できたのか。
作動できたのであれば、地震動程度でも作動してしまう恐れがある。

2)制御システムの抱える欠陥が根本原因

所内側遮断機は多重化しているにもかかわらず、同時に動作する必要性のある場合であった。
所内側遮断機OFFにより外部電源がONになるまでにタイムラグがある。そのため外部電源が入らなかった(インターロックの内包する欠陥)
この問題意識はとうぜん社内でも認識しているとのこと。しかしオモテに出していない。

3)福島原発は全機停止して、早急に水平展開すべき

福島原発は、第一、第二ともすべて系統安定化装置を撤去しており、今回とまったく同じ不安を抱える。即刻全機停止して対応すべきではないか。
また、同装置以外にもインターロックにおける同様の欠陥はないか。

4)法令に基づく事故報告としての扱いがなされていない

新しい原子力実務六法「実用発電用原子炉の設置、運転等に関する規則によれば、今回の「事象」は10日以内に所轄大臣へ報告しなければならない。
なぜ東電がそれを否定するのかについて、明確な回答はなかった。
保安院としてもどう考えているのか。

5)自動停止と隔離時冷却系の注水による後遺症/2号機は3回目の冷水

2:52~3:40まで約48分間、冷水を注水。(流量は95~100トン/時)
しかし落雷による自動停止と同等の扱いで、再起動しようとしている

« 【県技連】課題山積なのに…東電からの聞き取りこれで終わり??? | トップページ | 【事故6】2号機原子炉外部電源全喪失事故に関するレポート(東電共の会) »

福島1-2電源喪失事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32037/48864296

この記事へのトラックバック一覧です: 【事故5】7月9日東電本社における聞き取りから(東電共の会):

« 【県技連】課題山積なのに…東電からの聞き取りこれで終わり??? | トップページ | 【事故6】2号機原子炉外部電源全喪失事故に関するレポート(東電共の会) »