2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 【福島原発震災(4)】福島第一2号機で圧力抑制室欠損 | トップページ | 【福島原発震災(6)】浜岡原発の即時停止を求める申し入れ »

2011/03/15

【福島原発震災(5)】放射能東京到来

東京でもセシウムが検出されましたが、これからまだ高い値が出るおそれがあります。

単純計算ですが

東京から原発まではおよそ230キロメートル

気象庁のデータをみると原発周辺は欠けていますが、12~16時で海岸沿いから内陸に入り風速1~8メートルで東京に至るルートがあります。

風速4メートルとすると、1時間におよそ14キロメートルなので東京まではおおよそ16時間
風速3メートルとすると、1時間におよそ10キロメートルなので東京まではおおよそ23時間となります。もっと遅いかもしれません。

これが変わらないとすると、今日午前6時ごろの2号機爆発のころの放射能の東京到来は午後10時から明日午前5時以降、
400ミリシーベルト(3号機建屋崩壊によるガレキのせいとされています)を観測した今日午前10時ごろの放射能の東京到来は明日午前2時から午前9時以降となります。

国は正確に計算したものを示して、逃げるか外に出ないよう、雨にあたらないよう注意を呼びかけるべきだと思います。

« 【福島原発震災(4)】福島第一2号機で圧力抑制室欠損 | トップページ | 【福島原発震災(6)】浜岡原発の即時停止を求める申し入れ »

福島原発震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32037/51127614

この記事へのトラックバック一覧です: 【福島原発震災(5)】放射能東京到来:

« 【福島原発震災(4)】福島第一2号機で圧力抑制室欠損 | トップページ | 【福島原発震災(6)】浜岡原発の即時停止を求める申し入れ »