May 2019
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 【福島原発震災(12)】事故の進行と放射能放出シュミレーション | トップページ | 【福島原発震災(14)】4号機のプールはつながり原子炉はむき出し状態 »

2011/03/20

【福島原発震災(13)】首都圏でも放射能が下がらない/食品汚染が明らかに

避難範囲を拡大せよ!妊婦と子供の避難を急げ!

首都圏で各県が測定した放射能モニタリングデータをまとめたものです。
2号機の格納容器が損傷した15日あたりから上昇したまま下がらない状況が続いています。栃木県那須町は原発からおよそ100キロメートル、宇都宮市はおよそ150キロメートルです。継続的な放出による継続的な汚染が心配されます。

Kanto

食品汚染についても明らかになっています。高い値が出ています。
政府は既に今回の事故に際して、1kgあたり500ベクレル(セシウム)、ヨウ素については1kgあたり2000ベクレルという暫定基準を定めています。これはチェルノブイリ原発事故の際の食品規制値(1kgあたり370ベクレル)よりも高く、深刻な放射能汚染の発生を見越したものになっていますが、それをさらに上回る値が出ているのです。以下が食品の値です。

「2r98520000015jpm.pdf」をダウンロード





« 【福島原発震災(12)】事故の進行と放射能放出シュミレーション | トップページ | 【福島原発震災(14)】4号機のプールはつながり原子炉はむき出し状態 »

福島原発震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【福島原発震災(12)】事故の進行と放射能放出シュミレーション | トップページ | 【福島原発震災(14)】4号機のプールはつながり原子炉はむき出し状態 »