2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 【福島原発震災(46)】-対政府交渉決まる-子どもの被ばく限度は年20ミリシーベルトなのか? | トップページ | 【福島原発震災(48)】0.6μSV/h以上の学校の授業中止と学童疎開を »

2011/04/17

【福島原発震災(47)】原発さよなら署名にとりくもう!

Kekkou_2

「原発さよなら署名」がスタートしました。以下からダウンロードできます。

「sayonara-genpatu.pdf」をダウンロード

政府は脱原発への転換を速やかに決定すること
自然エネルギーに転換すること

[1]すべての原発を廃炉にし、原子力から撤退することを求めます。
[2]東電・政府の責任を明らかにすること。
  情報の公開、避難区域の拡大、被ばく限度の引き上げ撤回、被害補償を求めます。 

呼びかけ団体:全国95団体 第一次集約:6月末

フクロウの会も集約団体になっています。以下に送って下さい。

新宿区神楽坂2-19銀鈴会館405号AIR気付 福島老朽原発を考える会
03-5225-7213

« 【福島原発震災(46)】-対政府交渉決まる-子どもの被ばく限度は年20ミリシーベルトなのか? | トップページ | 【福島原発震災(48)】0.6μSV/h以上の学校の授業中止と学童疎開を »

福島原発震災」カテゴリの記事

コメント

福島県田村市で子どもを育てています。
近々主婦の仲間たちと署名を集めたいと思いますので、郵送出来るようになりました際には宜しくお願いいたします!

原子力から、撤退!福島の子供たちの安全確保を願います。署名運動に参加したいのです。ダウンロードしますから、ファックスで送りたいのですが教えてください。
今回で、いかに原発が恐いのかよくわかりました。

天災は止められないけれど原発は止められる。まさしくその通りです。日本ほど夜が明るく、夏のオフィスやスーパーやデパートが寒い国は無い。(半そでが寒く感じられるほどの冷房は必要ではない)例えばドイツの夜の道は、車のライトが当たることで標識やガードレールなどすべてが明るく光り運転に支障はないわけで、こういう事例に学び、いろいろな無駄を見直し、地熱、風力、ソーラーなどを利用すれば原発に頼らなくても大丈夫な日が必ず訪れるはずです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32037/51410705

この記事へのトラックバック一覧です: 【福島原発震災(47)】原発さよなら署名にとりくもう!:

« 【福島原発震災(46)】-対政府交渉決まる-子どもの被ばく限度は年20ミリシーベルトなのか? | トップページ | 【福島原発震災(48)】0.6μSV/h以上の学校の授業中止と学童疎開を »