2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

« 【福島原発震災(70)】子どもたちを放射のから守る福島ネットワーク発足!福島に250人の父母たちが結集 | トップページ | 【福島原発震災(72)】子どもたちを放射能から守る集会:参加報告 »

2011/05/03

【福島原発震災(71)】子どもへの20ミリシーベルト強要-全米5万人の医療関係者が批判の声明

子どもへの年間20ミリシーベルト強要-全米5万人の医療関係者が批判の声明

 学校の使用基準について、年間20ミリシーベルト相当までは特に問題はない、「校庭の除染は必要ない」とする文部省の姿勢に対して国内外から様々な批判が巻き起こっています。

 

 4月29日には全米5万人の医療関係者からなる、PSR(Phsicians for Social Responsability:社会的責任を果たすための医師団)が声明を発表しました。

 

 その中では、子どもは大人より放射線の影響を受けやすく、このレベルが2年間続けば発がんのリスクは100人に1人となる、このレベルの被ばくは安全とみなすことはまったくできない、と厳しく批判しています。

 

 PSRは1985年にノーベル平和賞を受賞した権威ある団体です。この声明は大変重要な意味を持ちますので全文の邦訳を紹介します。

 

 

福島県内の子供達への電離放射線許容線量の増加に関するPSR(社会的責任を果たす為の医師団)による声明

2011年4月29日

 

 放射線に安全なレベルは存在しない、という事は、米国国立アカデミーの全米研究評議会報告書『電離放射線の生物学的影響VII』(BEIR VII報告書、http://www.nap.edu/openbook.php?isbn=030909156X )
において結論づけられ、医学・科学界において広く合意が得られています。

 

 自然放射線を含めた被曝は、いかなる量であっても発がんリスクを高めます。さらに、放射線にさらされる全ての人々が、同じように影響を受けるのではありません。例えば、子供達は、大人より放射線の影響を大変受けやすく、胎児はさらに脆弱です。

 

 このため、子供達への放射線許容量を20ミリシーベルト(20mSv)へと引き上げるのは、法外なことです。なぜなら、20ミリシーベルトは、成人の発がんリスクを500人に1人、さらに子供達の発がんリスクを200人に1人、増加させるからです。また、このレベルでの被曝が2年間続く場合、子供へのリスクは100人に1人となるのです。

 

 つまり、このレベルでの被曝を子供達にとって「安全」と見なすことはまったくできません。

 

[仮訳:Foe Japan / グリーン・アクション] 

 

PSRの声明原文ダウンロード

PSRのホームページはこちら

« 【福島原発震災(70)】子どもたちを放射のから守る福島ネットワーク発足!福島に250人の父母たちが結集 | トップページ | 【福島原発震災(72)】子どもたちを放射能から守る集会:参加報告 »

福島原発震災」カテゴリの記事

コメント

【 産経ニュース 】 2011-05-03 00:53

決定過程も数値も 「?」 揺らぐ校庭利用基準 「 20ミリシーベルト 」
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110503/edc11050300540000-n2.htm


徐々にではありますが、この問題が露出されるようになってきています。


やはり、小佐古敏荘氏の辞任はそれなりのインパクトだったのだと考えます。


ただ、やはり ( 記事中での ) 国としての対応が気にかかります。


 ↓ ↓ 


「安全ライン」が揺らぐ中、福島県郡山市や伊達市が独自で市内の小中学校などの校庭の表土除去を実施。市教委には保護者からの不安の声が電話やメールで多数寄せられている。

一方、菅直人首相は2日、福島県の内堀雅雄副知事と首相官邸で会談し、校庭利用基準の見直しを拒否した。 内堀氏は 「 政府関係者でいろんな考え方があり、県民は非常に不安に思っている 」 と訴えたが、首相は 「 国としての考え方がある。 きちっと県民や国民に伝える努力をしなければならない 」 と述べ、現行基準への理解を求めた。。


                                           

この話題がもっとメディアで取り上げられることにより、より高い関心と ( 子どもに対する安全寄りの )指摘・論議がなされることを希望しています。

福島市在住の息子を持つ父親です。
長崎市出身ですので放射能の怖さは知っています。
こういう素晴らしいニュースはテレビや新聞では絶対放送されないことが残念です。
小佐古氏の会見も国の圧力でキャンセルされ、本当に残念でなりません。

福島市の親や先生までも安全を信じる方が多い状況に
我慢できず「福島市の子供を放射能から守ろう」を立ち上げました。
リンクさせて頂きました。もし問題等ありましたらご連絡頂ければ幸いです。

安全じゃありませんよ。人体実験レベルです。
解っているのは、専従の妊婦、18歳以下で外部被爆5mSv/年の基準で、これまで顕著な問題が出なかったという事実のみで、それ以上は未知です。137セシウムの外部被爆と内部被爆はほぼ等量という報告もあります。
131ヨウ素は半減期8日なので、原発からの放出が治まれば1ヶ月で1/10以下になる。
134セシウムは半減期2年なので、1/10になるのに7年。137セシウムは半減期30年なので、1/10になるのに100年。
線量はある程度モニターできるでしょうが、肝心なのは、子供に放射性物質を吸わせない、食わせないことです。
個人的には5mSv以下の場所に避難させるが正解だと思います。
梅雨がどういう影響を与えるかは研究の余地があると思います。セシウムが水酸化物の形で地表にあるとすると、水に溶けて流れる可能性はある。地下水に影響は出るでしょうが、地表のセシウムは減る可能性がある。実験は可能だ。毎日地面に水を撒いて、地表からのセシウムの濃度がどう変化するかを見ればいい。
セシウム入りの土を処分する(地底深く埋める)場所があればいいですけど、---校庭の表土を削る処置を言っている---そんな土地が無いとすると、削った土をコンクリートで閉じ込めるくらいしか思いつかない。つまり学校に石棺を作って
そこに削った土を閉じ込める。,,,,,,

記事にさせて頂きました。ありがとうございます。
http://george743.blog39.fc2.com/blog-entry-330.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32037/51564814

この記事へのトラックバック一覧です: 【福島原発震災(71)】子どもへの20ミリシーベルト強要-全米5万人の医療関係者が批判の声明:

» 福島の子どもたちを学校で被曝させるのは、児童虐待です。 [今日と明日と明後日と]
米国の「社会的責任のための医師の会」は「子供の発がんリスクを高めるもので、このレベルの被ばくを安全とみなすことはできない」「放射線に安全なレベルはなく、子供や胎児はさらに影響を受けやすい」と指摘。「年間20ミリシーベルトは、子供の発がんリスクを200人に1人増加させる」とのことです。 福島県のホームページによると http://www.pref.fukushima.jp/jidou/gyakutai/1-1.html#1 子どもの虐待とはどのようなことでしょうか? 18歳未満の子ど... [続きを読む]

» 子どもへの20ミリシーベルト強要-全米5万人の医療関係者が批判の声明 [盲亀浮木]
【福島老朽原発を考える会 (フクロウの会)】 子どもへの年間20ミリシーベルト強要-全米5万人の医療関係者が批判の声明 [続きを読む]

« 【福島原発震災(70)】子どもたちを放射のから守る福島ネットワーク発足!福島に250人の父母たちが結集 | トップページ | 【福島原発震災(72)】子どもたちを放射能から守る集会:参加報告 »