2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 【福島原発震災(98)】江東区のお母さん汚泥焼却施設からの放射能放出を告発! | トップページ | 【福島原発震災(100)】12日(日)会津にて「話しましょう、放射能のこと~大人のしゃべり場開きます!」 »

2011/06/09

【福島原発震災(99)】6・26は福島市で1万人ハンカチパレード

6・26は福島市で1万人ハンカチパレード

県都福島から声をあげよう!立ち上がろう!
グッバイ原発!さよなら放射能!!

  
6月26日(日) 1万人ハンカチパレード

福島アクション
10:00 
  ↓   生活村オープン 会場:AOZアオウゼ(MAXふくしま4階)
12:30

13:30 パレード集会 会場:福島県庁前広場

14:30 ハンカチパレード
  ↓  ハンカチを持参して下さい!プラカード・ゼッケン歓迎!!
15:30 県庁前解散

●主催/6.26福島アクションを成功させ隊 080-5563-4516(佐々木)

案内チラシはこちらからダウンロードできます。

「6.26_A.pdf」をダウンロード(表)

「6.26_B.pdf」をダウンロード(裏)

  

※フクロウの会の有志も参加します-風船プロジェクトを計画中!
飛び入りボランティア歓迎します(12:30福島県庁前集合)。
問い合わせは fukurounokai@mail.goo.ne.jp

« 【福島原発震災(98)】江東区のお母さん汚泥焼却施設からの放射能放出を告発! | トップページ | 【福島原発震災(100)】12日(日)会津にて「話しましょう、放射能のこと~大人のしゃべり場開きます!」 »

福島原発震災」カテゴリの記事

コメント

京都府知事様京都府教育委員会様及び京都市長様京都市教育委員会様

申し入れ書

私達は東電福島原発の爆発とそれに伴う放射能汚染に強い憤りと危機感を持っています。既に福島の保護者たちは福島の子を守ろうの声をあげ、文科省を糺し、20ミリシーベルトの撤回と1ミリシーベルト以下の実現への大前進を勝ち取って来ています。私達はそれに踏まえ、福島の30万人の子供達、150万人の放射線管理区域での生活を強要されている福島県民の苦闘と固く連帯し、彼らの被爆をなんとしてもなくす為にも、以下要求します。
1、京都市及び京都府において放射能汚染はその上限を年間被爆線量を大人と子供の例外なく1ミリシーベルトとする事です。
2、仕事上放射能汚染に関わる労働者の年間被爆線量の上限を250ミリシーベルトに引き上げる事は認めない事です。以上、要求します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こんな案です。福島の皆さんの勝ち取った成果を大事にし、しっかりと、固めるとともに、さらに、大きくするためにも、全国津々浦々で、こんな連帯行動をするということもいいでしょう。
なお、福島の子供たちを守ろうというのは、保護者、現場の教員だけの問題ではありません。地域の問題だし、働く人々とその家族みんなの問題です。
子供たちを地域で見守ろう、育てようということは、いまこそ、大事に実行されるべきでしょう。
疎開の件、国にも、地方にも、たくさんの場所があるはずです。小学校や中学校や高校でも、児童数減少で、使っていない教室もたくさんあるはずです。ぜひ、どんどん使いましょう。私たちの学校です。

避難の大切さを、改めて知りました。ストロンチウムが、福島で見つかったそうですね。武田教授が、夏休みの避難の大事さを言っていました。夏休みだけのことではないですが。
京都の世界遺産に、避難受け入れを打診しましょう。
金閣寺、銀閣寺、二条城、清水寺、平等院鳳凰堂、東本願寺、醍醐寺、御所、桂離宮、修学院離宮。
5月3日の憲法集会は、今年は反原発集会になりました。その賛同者には、京都のこういう宗教関係者もいるんです。とにかく、打診してみますね。

福島県郡山市に住んでいるものです、最近脱原発デモが盛んで、日本が変わる時も遠くないと感じて嬉しく思います。ただ悲しいことに福島県の子供の命を守ろうというデモが全く行われません。自分の子供達に原発という不の財産を残したくないので脱原発には賛成ですが、福島県には現在進行形で原発の被害で苦しんでる人達がたくさんいます。その福島を踏み台にして脱原発デモと聞いても、僕は全く心に響きません。6.26が今の福島県民を守る大規模なデモになることを祈ります。

宗形恭平さんへ!
福島県の子供の命を守ろうというデモは、とても大事です。
そういう気持ちにみんながつながる、そういう気持ちが、今の脱原発などのデモから生まれてくる、生み出していこうと考えましょう。最初から、あれがない、これがないといっても、仕方がありません。
私自身、そういう考え方が強いから、あれがない、これがないといってしまう傾向が強いから、思うんです。よいところを、何とか伸ばしていけたらいいですね。6月26日は、がんばりますよ。
日本共産党も、あれこれ動き始めています。どんどんとにもかくにも、動き始めています。これは、福島の皆さんの頑張りと、まだまだという脱原発デモの、とにもかくにもの成果です。大事にして、しかし、大きく進みましょう。福島の子供たちを守ることが、遅れないように。

5.15・・・・・・・・・・「しあわせなら手をたたこう」の替え歌です。よろしく。(H.K)

福島の子を守ろう
1、福島の子を守ろう福島の子を守ろうみんなで大きな声を出し、福島の子を守ろう
2、福島の子を守ろう福島の子を守ろう原発放射能の毒から福島の子を守ろう
3、福島の子を守ろう福島の子を守ろう20ミリシーベルトはだめだ福島の子を守ろう
4、福島の子を守ろう福島の子を守ろうみんな京都に避難して福島の子を守ろう
5、福島の子を守ろう福島の子を守ろう思いっきり息ができるように福島の子を守ろう
6、福島の子を守ろう福島の子を守ろう東電・政府のうそから福島の子を守ろう
7、原発のない世界核兵器も全てないそんな日本と世界をみんなでつくろうよ

私たちの5月のデモで歌った歌です。
歌ですが、気持ちを込めて歌っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32037/51899475

この記事へのトラックバック一覧です: 【福島原発震災(99)】6・26は福島市で1万人ハンカチパレード:

« 【福島原発震災(98)】江東区のお母さん汚泥焼却施設からの放射能放出を告発! | トップページ | 【福島原発震災(100)】12日(日)会津にて「話しましょう、放射能のこと~大人のしゃべり場開きます!」 »