2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 【148】広範囲に広がる汚染、北海道でも検出 宮城県南部では高いところも | トップページ | 【150】除染の効果は限定的-渡利地域を一括で避難勧奨地域に »

2011/09/16

【149】緊急報告会-福島市渡利における放射能汚染調査結果(速報)と避難区域の設定の問題点について

福島市では、大波・渡利・南向台・小倉寺など、以前から高い線量をしめしていた地域においても、特定避難勧奨地点に指定されず、住民が避難にあたって賠償などを受けられない問題が続いています。
このたび、渡利で実施した放射能汚染調査に関して、下記のような報告会を開催します。ぜひご参加ください。また、拡散にご協力いただければ幸いです。

  

(拡散希望!)
------------------------------------------------------------
【緊急報告会】
福島市渡利における放射能汚染調査結果(速報)と
避難区域の設定の問題点について
9月20日(火)14:45~16:45@福島テルサ

http://www.foejapan.org/energy/news/evt_110920_2.html
------------------------------------------------------------

  

福島市渡利では、福島市の調査により3.2μSv/hを超える高い線量がポイントではなく面的な広がりを持って存在することが明らかだったのにもかかわらず、説明会も開催されないまま、何か月も放置されてきました。

8月下旬、渡利の一部の地域において、原子力災害現地対策本部および福島県による詳細調査が実施されました。その結果、地上から高さ50cmの地点で、毎時5.4マイクロシーベルト/時が1箇所計測されたことが報じられています。

  

このたび、福島老朽原発を考える会(フクロウの会)、国際NGO FoE Japan(エフ・オー・イー・ジャパン)は、山内知也・神戸大学大学院教授に依頼し、福島市渡利における放射能汚染調査を実施しました。

調査の結果、渡利全域において、国および県が詳細調査を行っていない場所においても、特定避難勧奨地点に該当する高い汚染を示す場所が、複数存在することが明らかになりました。たとえば、渡利小学校通学路除染モデル事業測定地点の一部にあたる路地では、50cm高で最高5.2マイクロシーベルト/時を計測、ある神社では、1cm高で10μSv/hを超える箇所が計測されています。

  

この調査結果を踏まえ、下記のように報告会を開催しますので、ぜひご参加ください。

  

○日時:2011年9月20日(火)14:45~16:45
○場所:福島テルサ3Fあぶくま(福島市上町4-25)

http://www.f-shinkoukousha.or.jp/terrsa/access.html
○入場無料・申込み不要 
○出席者(予定):
 山内知也/神戸大学大学院教授
 阪上武/福島老朽原発を考える会代表(フクロウの会)代表
 満田夏花/国際環境NGO FoE Japan理事

○内容(予定):
・福島市渡利における放射能汚染調査の結果について(速報)
・避難区域の設定の問題点について

○主催:
 福島老朽原発を考える会
 FoE Japan(エフ・オー・イー・ジャパン)

○連絡先:満田夏花(みつたかんな)/FoE Japan 090-6142-1807

  

※9月20日、10:30から、東京の参議院議員会館B109において、同様の内容の記者会見を開催します。東京にお住まいの方は、こちらの方にもぜひご参加ください(主として記者向けですが、どなたでもご参加いただけます)。

※参考:
【プレスリリース】福島市・大波地区「特定避難勧奨地点に指定せず」に抗議する

http://www.foejapan.org/energy/news/p110909.html

« 【148】広範囲に広がる汚染、北海道でも検出 宮城県南部では高いところも | トップページ | 【150】除染の効果は限定的-渡利地域を一括で避難勧奨地域に »

福島原発震災」カテゴリの記事

コメント

あの飯館村に1000人超、残って、住んで、働いて、頑張って、いらっしゃる!
戻ってこられている方もあるとか。
 素晴らしい!
 神社の方が頑張って居られるとか。
 やはり世の中にはいろいろな人がおられる。
 避難されている、これからしようとする人々は、大変ですが、
 まあ、そちらで頑張ってください。それぞれですので。
 残った者だけで頑張りましょう!!!

5度目の差別!

 これだけ、ITでの情報が普及し、時間もたったので、新しい差別は生まれないかと思ったらどうもそうでない、寧ろ逆のようです。

 過去で、一番ひどいのが、もちろん原爆被爆生存者に対する長年のひどい差別の数々。
 今度の特に初期段階のそして今も続く、食物、観光、ビジネス上の数々の”風評”と言う名の差別。
 鎮魂の松原の松を燃やすことを忌避したあの市の人達。
 食料品の販売を忌避したあの町の人達。
 そして、今度は福島の花火を忌避した中部地区のある市の人達。

 本来、これ等の実行委員会の人達は、極めて良心的であり中止は全く本意ではないのでしょうが、
 抗議(のメール)があると、反論したり、実施する確信が持てないようです。
 紹介された抗議メールには「安全と同情は違うでしょう」とか、「プリトニウム」という文字が見えました。
 安全を懸念するというよりも、何か意図的なものを感じますね。
 TVによると最後のケースでは、実行委員会で、花火の放射能検査を前日に頼んだが、 
 間に合わなかったとか。あたり前でしょう。
 それにしても、この頼んだ人は、仮に、10ベクレルとか、0.1マイクロシーベルトなどと言われてどう判断するのでしょうか?
 もし、福島の花火に放射能が含まれているとすれば、日本のどの地方で作られた花火にも
 入っているのではないですか?
 「打ち上げても全く何の問題もない、こんな常識的なこと」の判断ができない人々、しかも各組織の役員クラスの人々に、
 どうしてこんなに数多く出現してきたのでしょうか?

 ついでに、TVでは、中部のある大学の著名な科学者(専門家)が、
 「放射能は散らばるでしょう」と電話でコメントしていました。

 まあ、この辺の人々が差別の第一の震源地のようですね。
 それにそれを無責任に拡散する人達も。
 とに角、差別だけは今後是非是非無しにしてほしいと思います。

 
 


フクロウの会、がんばれ、自主避難補償を勝ち取り母子を早く助けよう。

工作員の「飯館村に1000人」さん、うちに書き込むように、年寄りが避難して、子供が避難出来ないのにおれは怒っているんだ。

工作員のNHさんも、うちに来なさい、なにを言いたいのか、私が聞いてあげます。

ここはもっと有効な情報や、どうやれば国や自治体を動かせるかを議論するところです。

6か月もたって、福島市他のエリアも管理区域の高線量地帯が現実化して、まずは母子だけでも家庭崩壊しないように避難させる方法を考えるところです。

フクロウの会、応援してます、お願いします、頑張れ。

飯館村に1000人!、です。

 ちなみに、私は何かの工作員ではありません。
 また、何か工作する必要などまったくありません。
 もちろんお金など、誰からもビタ一文ももらっていません。
 一個人です。

フクロウの会、及び応援をされる皆様には敬意を表します。
フクロウの会とは、「考える」会ですよね。
 「自主避難補償を勝ち取る」会でもなければ、
 「自主避難補償を勝ち取り、母子を早く助けよう」会でもないでしょう。

どうぞ、皆さま、よくお考えください。私もいろいろ考えています。
 「自主避難は正しい」、これは重大な「思い込み」かもしれませんよ。

本当に、
 避難により想定される種々の損失<留まった時の将来の健康被害、
 避難により想定される種々の損失<<留まった時の将来の健康被害、 
なのでしょうか?
それとも、
 避難により想定される種々の損失>留まった時の将来の健康被害
 避難により想定される種々の損失>>留まった時の将来の健康被害
なのでしょうか?
(>>や<<の記号は、片方がものすごく大きいを意味します)
 自分(家族)にとって、以上のどれが正しいか、だれも簡単には分からないはずです。
 だからこそ各人がよくよく考えるべきではないでしょうか?

あきらかに、
 避難により想定される種々の損失<<留まった時の将来の健康被害、 
と思われ方は、ドンドン避難されたらよろしいと思います。

補償(=お金)がないと、自主的に避難しないお考えなら、
 命が掛っているとまでは思っておられないのでしょうから、
 (命が掛っているとしたら、なにはともあれ避難しますよね)
 大して深刻には捉えておられない、と言うことですね。

今、時間がたった分、いろいろな事実が分かってきつつあります。
 それ等を綜合してどう判断するのが正しいのか?
 最終の価値判断、決断や行動は人それぞれですので。
 
いずれにしろ、これこれと決めつけずに、広い視野を持ち、多面的な意見をお聞ききになり、
自分でも調べ、確信を持ち、行動すること、がこの時代、
大事だと思います。<自分と家族の将来ですから>

誰かの一方的な意見だけを聞いて、付和雷同的に行動すると、大変なことになりかねません。
他人を巻き込むことなどは、なおさら避けなければ。
そうでないと、戦前の様な翼賛会、そしてファッシズムになってしまいます。
それが歴史から学ぶべきことの一つでは。
これが私の一意見です。

いろいろなハンドルネームで。。。例えば飯館村に100人さんのように。 まことしやかに 切々と 書かれている内容に関して 正直 誰も 関心はありません。だから 誰も それに関して コメントを投稿しないのだと思います。管理人さん。。 もう 承認制にされたらいかがでしょうか。 暇な人のために こんな大事なhpが 汚されたくない。うんざりです。

被曝をすすめる「飯館村に1000人」さんへ
放射線管理区域の人に避難しなくてもいいと言うのは、犯罪です。
現在の科学的世界の常識では、極力被曝は少ない方がいい、世界各国はそのために努力すべきである、年間1ミリを守るべしということです。
時間がたって未だ核燃料がどこにあるかもわからず、毎日放射能が放出される中で、深刻化が増してきました。みなさん、早期の収束を期待しておりますが、高被曝が続くことはこれ以上許されないということで、フクロウの会他先頭に立って運動されています。
被曝を減らす、なくすためには、まずは子供母親女性家族を避難させるしかないということです。
損失の中で、損の大小を論じている場合ではありません。
政府の線引きが誤っているから、その間違いを指摘して、新たに避難区域にすべきところを主張しております。
政府が認めないと他県では自主避難者がおおいに差別されてしまいます。
みなさん、故郷に愛着をもって悩み苦しんでる中で、政府に正当な権利の主張をしている方々の、足を引っ張るような、ファシズムなどと大げさな意見は間違っていると思います。
管理区域は避難区域である、と政府が決めればすぐに解決される簡単なことです。
なんにも、難しく考えることもないのですよ。

飯館村に1000人さん、福島医大では5年以内に330床のがんの早期治療を目的とした健康管理センターの設立を
発表しましたよ。どーいうことでしょうね?
乳幼児や妊婦への放射線影響が特に懸念されるそうです。
命にかかわる大変なことがおこるともうすでに予測されているということですよ。
がんを早期発見できれば確かに治癒率も高くなります。
何が何でも、がんによる死亡の数値をおさえたいのでしょうかね。
残ったものだけで頑張りましょうとか、別にこのサイトでやせ我慢しなくていいよ。
安心、安全洗脳のサイトで「えいっ、えいっ、お~」ってやってれば?

あまりにバカなことを書き込んでいる者がいるので、あえてコメントします。意見を異にする者を常に下に見て、内容のない、大量の文章を書き散らかし、教え諭す、という態度でコメントを付けていますね。加えて、この手の輩は、すぐに、数量的なことを持ち出したり、客観的な議論をしているように装います。思想などなく、反原発的な言動や行動を潰すことが目的でしょうから、最終的には、まとまりのない言葉の羅列という袋小路に勝手に入り込み、最終的には、抽象的で、尊大な文章、例えば、「いずれにしろ、これこれと決めつけずに、広い視野を持ち、多面的な意見をお聞ききになり、自分でも調べ、確信を持ち、行動すること、がこの時代、大事だと思います」という逃げなのに、虚勢を張った文章で、体面を保ちながら、議論を一方的に打ち切ろうとします。この文章、文体、どこかで見たことありますね、同じ人物でしょう、たぶん。フクロウの会の目指すことや、多くの原発利権側ではない県民の悩みを、理解するふりをして、その実、一切無視する言説は、ある意味、立派でさえあります(笑)。結局、自己崩壊して、人によって考えは様々、自己判断を、というような、まことにカッコの悪い締めくくりになっています。この結末自体、自己否定、無意味なコメントであることを認めたことになるですけどね、世の中色々ですね。

飯館村に1000人!さんの言っていることは、いかにも避難するな、福島に留まれと言っているとしか思えません。自主避難は、したくてもできない人多いと思いますよ!背景には、経済的理由だったり、家族の中での意見の違いなど様々だと思います。ちなみに私は自主避難してますが、貯金を切り崩しながら生活しています。経済的に厳しくなったらどうしようもありません。子供と福島、高い線量の自宅に戻るしかありません。

さくらんぼさんへ

飯館村100人さんは ただ おもしろがって投稿しているだけだと思います。
つまり 暇で暇で しかたがないから さくらんぼさんのように 反論して
くる人々にかまってほしいだけだと 。。。。

正直 国民が大変な時にと あきれてしまいますが こんな人々も多数
いるのが 社会なのかも。

多分私が このような 投稿をすると いろんなハンドルネームで
擁護したり 批判したりして 関心を とろうとされるでしょう。

管理人さんの意図 忙しさがわかりませんが 書き放題なので
ここを 狙ってきているのでしょうね。  

本当に ひどい。!!!

通りすがりの者さんへ
がんばれ福島、がんばれ東北って毎日耳にする中、飯館村に100人!さんのような人もいるんですもんね!こういう人に感情はないのでしょうね。まぁこれが社会ですね!私も精神的にきてる時だったので腹立たしくなっていました。失礼しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32037/52749715

この記事へのトラックバック一覧です: 【149】緊急報告会-福島市渡利における放射能汚染調査結果(速報)と避難区域の設定の問題点について:

« 【148】広範囲に広がる汚染、北海道でも検出 宮城県南部では高いところも | トップページ | 【150】除染の効果は限定的-渡利地域を一括で避難勧奨地域に »