2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 【160】 【自主避難】意見聴取実現!20日の紛争審査会へ! | トップページ | 【162】自主避難者の声を原賠審/東電に提出~20日に自主避難者による陳述 »

2011/10/17

【161】10・28政府交渉 渡利の子どもたちを放射能から守ろう!

みなさま

渡利問題、10月17日の報道ステーションで報道されます。
昨日、今日と、撮影チームが渡利入りをし、古館一郎が、山内先生と住民のインタビューをしました。ぜひ、ご覧ください。

そして、下記もよろしくお願いします。渡利の問題を、国につきつけていきまし
ょう。<政府交渉への申し込みをお願いします!(まだ少ない状況です)以下の申し込みフォームから簡単にできます。「渡利問題」を広めていきましょう!>

※拡散希望!
-------------------------------------------------------
ご存知の通り、渡利・小倉寺向けの住民説明会で、国・市は同地区の特定避難勧奨地点の指定見送りを言い渡しました。
渡利の問題は、渡利だけの問題ではありません。日本全体の問題です。こんなひどい状況を許してはならない、と心から思います。

あきらめることなく、28日(金)に東京で政府交渉を行います。

下記のような政府交渉を予定しています。ぜひ、拡散にご協力ください。
======================================================
【10・28】政府交渉 渡利の子どもたちを放射能から守ろう!
http://goo.gl/vBWXI
------------------------------------------------------
◆日時:2011年10月28日(金)12:30~16:30(予定)
<以下予定>
           12:30~13:30 事前集会(情報共有など)
           13:30~15:30 政府交渉  ※冒頭に署名の提出
           15:30~16:30 事後集会
                      (交渉の整理、参加者からのアピールなど)

◆会場:参議院議員会館講堂(東京都千代田区永田町1-7-1)
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kokkaimap.htm

◆内容:署名の提出、事前に提出した質問に基づき質疑および交渉
http://dl.dropbox.com/u/23151586/111014_Watari_questionnaire.pdf

◆資料代:500円、福島の方々の旅費をまかなうため、カンパ歓迎

◆申込み:申込みフォームよりお申込みください。
https://pro.form-mailer.jp/fms/662fb05522873

◆主催:渡利の子どもたちを守る会(Save Watari Kids)、子どもたちを守る福
島ネットワーク、福島老朽原発を考える会(フクロウの会)、国際環境NGO FoE Japan

◆問合せ
福島老朽原発を考える会(フクロウの会) 阪上 090-8116-7155
FoE Japan 満田(みつた) 090-6142-1807
-------------------------------------------------------------
【経緯】
10月8日、渡利・小倉寺地区で開催された説明会において、国・市は、両地区とも「特定避難勧奨地点の指定を見送る」と説明しました。この説明会は、1,000世帯余りにしか通知が言っておらず、説明会の開催方法についても、住民から不満の声があがりました。さらに、住民からは、下記のような要求がありました。

  

「詳細調査は、一部地域のみ。全世帯を調べてほしい」
「南相馬市などでは、毎時3.0マイクロシーベルト/時以下でも指定されてい
る。なぜ、福島市では指定しないのか?」
「南相馬市では、子どもや妊婦のいる世帯は、2.0マイクロシーベルト/時以
上であれば、特定避難勧奨地点に指定している。なぜ、福島市では指定をしないのか?」
「10マイクロシーベルト以上で、線量計が振り切れる箇所があちこちにある」
「除染はいつになったらできるのか」
「除染が済むまでの間、子どもたちを一時的に避難させられないか」
「避難したい世帯は避難し、避難費用は賠償するべき。残る人は残る人で高い線量にさらされることに対する補償をするといった措置をとってほしい」
「特定避難勧奨に関して、地区指定を行ってほしい」
「全世帯むけの説明会を、再度開催してほしい」

  

国・市は、このような切実な疑問に、きちんと回答しないまま、再度の説明会の開催の要求すら無視されてしまいました。結局、夜半まで続いた説明会は時間切れとなって終了となりました。

  

私たちは、あきらめることなく、住民からの声を、直接、東京の原子力災害対策本部や経済産業省に届けていきたいと思います。10月28日に、東京の参議院議員会館において、原子力災害対策本部と交渉を行うことを予定しています。また、それに先立って、10月26日に渡利において市民集会を開催します(詳しくはお問い合わせください)。

お誘いあわせの上、ぜひご参加いただければ幸いです。

  

  

※「渡利の子どもたちを守れ!」署名にご協力を
http://goo.gl/f1SKd
================================================================
※参考情報
>渡利地区・土壌汚染調査の結果、5箇所中、4箇所で、チェルノブイリの特別規制ゾーンレベルの汚染
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-2bc0.html
>避難区域外の「福島」で今生じていること ~大波・渡利・小倉寺における情
勢~
http://www.foejapan.org/energy/news/pdf/111012_s3.pdf
================================================================

« 【160】 【自主避難】意見聴取実現!20日の紛争審査会へ! | トップページ | 【162】自主避難者の声を原賠審/東電に提出~20日に自主避難者による陳述 »

福島原発震災」カテゴリの記事

コメント

自転車の暴走事故の方が何百倍も危険!
 震災後、増えてきた自転車が非常に危険なことが分かった。
 何しろ死亡か、致命傷、重症だから。
RSウィルスの大流行もものすごく危険!
 何しろ死亡か、致命傷、重症だから。
それに、変な病院にかかると、診断だけでどうされるかわからない。
スズメバチに刺されると危険。
しかし、生物は大切にしよう。

よかった、よかった、とりあえずは古館が現地から生放送で、それも放送開始初っ端からで、驚いた、全国の人が見てくれたものと思う、全国の人も応援してくれるだろう。

ましてや福島県民も、福島市民も市長を突き上げ、避難地域指定に先頭たってくれるものと思う。

18日の今日は、野田総理も来てたのか、除染作業を見て、当然渡地区も見てくれたのだろうな?

政府もマスコミもたのむよ、自主避難できる指定を早くするんだぞ。

また工作員がアホ書き込みしてるのか、いいかげんにせんか、こら。

汚染水釣った魚は工作員

 
 福島県の子供さんを始めとすることでの福島県民のことを心から心配をなさって下さることでの社会派俳優の山本太郎氏は、現在は大阪にお住まいのようですから、11月27日投開票があることでの大阪府知事選挙か大阪市長選挙に立候補して貰(もら)う草の根運動をするべきだと思うのですが、如何(いかが)でしょうか。
 タレント弁護士なんかに投票するより、社会派俳優に投票するべきでしょう。
 
    ①  福島県の子供さんや妊産婦を始めとする福島県民の疎開や、
    ②  福島県を始めとする放射能汚染地帯の武田邦彦・中部大学教授を
       始めとする良識派学者の指導や指揮による除染
に加えて、
    ③  経営が厳しい地方私鉄を始めとする地方鉄道路線への助成金捻出の
       ための「ふるさと納税」の創設
を公約にすれば、選挙区内のみならず全国の鉄道亡者(もうじゃ:マニア)の歓心を買うことができて、選挙当選に現実味が出て来ると思うのですが、如何(いかが)でしょうか。
 
 
山本太郎氏は関西出身で、しかも今は大阪に身を寄せているのなら、東京都の八王子市の市長選挙よりも前にあることでの大阪府知事選挙や大阪市長選挙に立候補して貰(もら)った方がいいのかもしれない。[ゲンダイネット「“反原発の旗手”山本太郎」「は、元チャンバラトリオのメンバーで、Vシネマ『難波金融伝・ミナミの帝王』のプロデューサー兼俳優、ゆうき哲也を頼って大阪に身を寄せているという。山本は20代の頃に『ミナミの帝王』に出演させてもらったことがある。本人も関西出身だし、かつての恩人の元で羽を休めることにしたようだ」]
 http://yukurinashi.blog.so-net.ne.jp/
 http://yukurinashi.blog.so-net.ne.jp/
 http://yukurinashi.blog.so-net.ne.jp/2011-10-14-0054
 http://yukurinashi.blog.so-net.ne.jp/2011-10-14-0054
 
 
芸スポ速報+ 【芸能】“反原発の旗手"山本太郎の後見人は、Vシネマ「難波金融伝・ミナミの帝王」プロデューサー兼俳優のゆうき哲也(ゲンダイネット)
 http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1316767110/
朝日新聞2011年10月16日(日)
ニュースが分からん!ワイド、大阪府と大阪市のダブル首長選って?
アウルさん  11月に大阪で知事と大阪市長のダブル選があるんですって?
A  来年2月まで任期がある橋下徹・大阪府知事が今月21日にも辞める
  見通しだ。そうなれば、11月27日投開票の大阪市長選とのダブル選に
  なる。
緊急自然災害 申し訳ないけど福島の農業はもう諦めて欲しい
 http://hato.2ch.net/test/read.cgi/lifeline/1316798504/
武田邦彦 (中部大学)『世田谷の高線量率と福島の新米(緊急)』
最近、食材はますますひどい状態になってきました。無理矢理、関東、福島の
野菜を食べさせるために、汚染されていない各地の野菜を出荷しないように
圧力がかかっています。こんなことが起こるなんて、自由で明るい国、日本とは
思えないですね。
 
 山本太郎氏は、関西出身で、しかも、今は大阪に身を寄せているのなら、東京都の八王子市の市長選挙よりも前にあることでの大阪府知事選挙や大阪市長選挙に、
 
     ①  店頭での1キログラム当たりのベクレル表示の義務化
     ②  子供や妊産婦を始めとする福島県民の疎開の政策分野を
        示して募集する「ふるさと納税」の創設
     ③  福島県を始めとする放射能汚染の除染の政策分野を示して
        募集する「ふるさと納税」の創設
     ④  国産ステルス機「心神」を、更(さら)に急いで開発させる政策
        分野を示して募集する「ふるさと納税」の創設
     ⑤  航空自衛隊の次期主力戦闘機に、ユーロファイターを100機を
        導入する政策分野を示して募集する「ふるさと納税」の創設
     ⑥  空中給油機としてなら十分に存在意義を果たすことができるはずの
        ウィキペディア「加速力・上昇率・最高速度等、どれも他の候補機に
        劣るため邀撃機としての運用に不安が残る」とされるF/A-18E スーパー
        ホーネットも、航空自衛隊の次期主力戦闘機として100機を導入する
        政策分野を示して募集する「ふるさと納税」の創設
     ⑦  F2戦闘機の生産終了を撤回して、更に100機を生産する政策分野を
        示して募集する「ふるさと納税」の創設
     ⑧  「武田邦彦『福島原発の近くに』『フィルターで』『放射性物質をとることが
        できる焼却炉と』『燃えないものは、プールの横で水で洗浄し、その水を
        いったんプールにため』『プールにたまった水は蒸留装置で蒸発させ、
        放射性物質を集め』」ることを実現させるための設備を造る個別事業を
        示して募集する「ふるさと納税」の創設
 
               武田邦彦「汚染されたものは数100億円で建設ができる
              焼却炉を福島原発の近くに作り、そこで処理するしか無いの
              です。」「福島に放射性物質をとることができる焼却炉とプールと
              蒸留設備を作ることと考えています。まず、燃えるものはどんどん
              焼却炉で燃やして、煙の中の放射性物質をフィルターでとります。
              また燃えないものは、プールの横で水で洗浄し、その水をいったん
              プールにためます。プールにたまった水は蒸留装置で蒸発させ、
              放射性物質を集めます。政府と福島県が決意をして今からすぐ
              やれば、放射性物質で汚染された福島はどんどんクリーンに
              なっていくでしょう.技術はすでにありますし、設備については
              全ての費用を合計しても200億円から400億円ぐらいで済む
              でしょう」
 
に加えて、
 
     経営難の寥々私鉄(りょうりょうしてつ(ローカル私鉄))を始めとすることでの
    採算割れの鉄道路線へ助成する個別事業を示して募集する「ふるさと納税」の
    創設
 
の公約を掲げて立候補して貰(もら)う草の根運動をした方がいいのかもしれない。
 
 公共土木事業は、
 
     ㋐  人件費
     ㋑  トラックやダンプカーなどの車輌購入費用と制動装置(ブレーキ)やタイヤなどの
       消耗品購入費などの維持費
     ㋒  燃料購入費などの動力源代金
     ㋓  コンクリートや鉄筋などの資材費
 
で、公共交通は、
 
     ㋐  人件費
     ㋑  車輌の購入費用と制動装置(ブレーキ)などの消耗品購入費用などの維持費用
     ㋒  施設の建設費用と光熱費などの維持費用
     ㋓  燃料購入費用や電気代などの動力源代金
 
だから、余剰労働人口の雇用の吸収の受け皿として考えるのであれば、多額な資材費を注(つ)ぎ込まなければ事業が成り立たない公共土木事業ではなく、一旦造ってしまえば、人件費と消耗品代金や光熱費などの桁違いに細(ささや)かな費用で、多くの人々を雇用することができることでの、誰も乗っていなくて空気を運んでいるだけの公共交通で、余剰労働人口を吸収した方が安上がりだろう!?
 勿論(もちろん)に、全ての余剰労働人口を公共交通で吸収することは不可能だから、例えば、人工臓器などでの官設殖産興業での設計やら金型作りやらヘラ絞(しぼ)りなどで吸収するべきだ。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32037/53012534

この記事へのトラックバック一覧です: 【161】10・28政府交渉 渡利の子どもたちを放射能から守ろう!:

« 【160】 【自主避難】意見聴取実現!20日の紛争審査会へ! | トップページ | 【162】自主避難者の声を原賠審/東電に提出~20日に自主避難者による陳述 »