2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 【161】10・28政府交渉 渡利の子どもたちを放射能から守ろう! | トップページ | 【163】自主避難者が原賠審で意見陳述-大きな前進 »

2011/10/19

【162】自主避難者の声を原賠審/東電に提出~20日に自主避難者による陳述

本日、FoE Japanおよび福島老朽原発を考える会は、自主避難者の声・避難したくでもできない方々の声(185名分)を、原子力損害賠償紛争審査会/東京電力に提出するとともに、審査会に対しては、自主避難の賠償を幅広く認め、審議にあたって、避難者の声をきく場を複数回設けること、東京電力に対しては、審査会の指針を待つことなく、東電として、自主的避難への賠償を支払うことを明言し、早急に仮払いを行うことなどを求めました。

審査会事務局は、提出された自主避難者等からの「声」を委員に送ることを約束しました。

  

東京電力との会合では、東電側は、自主避難への補償は、原子力損害賠償紛争審査会の指針がでてからの対応となると説明。また、仮払いなどの要請内容については、「検討するかどうかも含め検討する」と述べていましたが、参加者から、「自主避難者・とどまっている人たちの切実な状況を踏まえ、原賠審の指針を待つのではなく、東電として早急に対応すべき」「いったいいつまで返事を引き延ばすのか。明確な回答の時期を示してほしい」「東電の決断によって救われる人もでてくる。これ以上の被ばく被害をださないために決断してほしい」などの意見があいつぎ、最終的には、しぶしぶながらも、来週、回答時期についてなんらかの返答を行うと述べました。

提出には、福島市から米沢に避難した女性、福島市から東京に避難した男性と、俳優の山本太郎さんも参加。福島に残らざるをえない人たちの実情を理解し、経済的な理由で避難したくてもできない人たちのために、自主避難に幅広く賠償を認めていくべきと訴えました。

  

○審査会への要請はこちら(PDF)
http://www.foejapan.org/energy/news/pdf/111018_02.pdf

  

○東京電力への要請はこちら(PDF)
http://www.foejapan.org/energy/news/pdf/111018_01.pdf

  

○自主避難者・避難したくでもできない方々の声(抜粋)
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-fc46.html

  

★10月20日、原子力損害賠償紛争審査会で、子ども福島の中手さん、北海道に避難した宍戸さんの意見陳述があります。それに先立ち、14時半から、文科省本館前で、自主避難者からのアピールがあります。静岡、北海道、福島から、自主避難者などが参加し、実情を語ります。ぜひ、ご参加下さい!

  

■文科省前におけるアピール行動

 集合 文科省旧館前 14:30
 アピール行動    14:30~15:45

■原子力損害賠償紛争審査会 16:00~18:30(文科省にて)
              意見陳述は17:00から

※原子力損害賠償紛争審査会自体の傍聴には登録が必要です。
http://www.mext.go.jp/a_menu/anzenkakuho/baisho/1312051.htm

« 【161】10・28政府交渉 渡利の子どもたちを放射能から守ろう! | トップページ | 【163】自主避難者が原賠審で意見陳述-大きな前進 »

福島原発震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32037/53028949

この記事へのトラックバック一覧です: 【162】自主避難者の声を原賠審/東電に提出~20日に自主避難者による陳述:

« 【161】10・28政府交渉 渡利の子どもたちを放射能から守ろう! | トップページ | 【163】自主避難者が原賠審で意見陳述-大きな前進 »