2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 【209】ぽかぽかプロジェクト続報 - 「理科実験・折り紙教室」 | トップページ | 【211】緊急声明:大飯3・4号機をめぐる原子力安全委員会の実質「お墨付き」に抗議 »

2012/03/21

【210】【27日政府交渉】大飯原発3・4号機-制御棒挿入評価値操作のからくり、活断層の連動評価など

みなさま(拡散歓迎)

 再稼動が問題になっている大飯原発3・4号機の耐震安全性で新たな疑惑が生
じており、3月27日(火)に政府交渉を行います。
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-e209.html

 大飯原発周辺の3つの活断層について、関西電力は連動評価の必要はないとの
立場ですが、福島事故を受けて開かれている活断層の意見聴取会において、委員
全員が連動評価を要求しています。3連動評価は必至の状況です。その場合、基
準地震動は耐震バックチェック中間報告で設定した700ガルから1000ガルに増え、
中間報告でギリギリの評価であった制御棒挿入時間が、許容値を確実に超えます。
許容値2.2秒に対して、700ガルでの従来の評価値2.16秒、3連動の1000ガルでは
2.35秒という具合です。大飯原発3・4号機は耐震安全性が保証されない状況に
あり、これだけでも再稼動はできないはずです。

 関電はこれを免れるために、2月末に700ガルの評価値を1.88秒とする評価を
つくり、保安院はこれを、原子力安全委員会のストレステスト検討会の資料にこ
っそりと入れ込み、検討会の委員を煙に巻いていたことが明らかになりました。
1年かけて審議し評価した2.16秒という評価値を1.88秒にすり替え、3連動の評
価が迫られてもかわすことができるようにしていたのです。

 交渉にはどなたでもご参加できます。大飯原発再稼動の趨勢にかかわる大一番
になります。合わせて地元合意の範囲について原子力安全委員会に聞きます。事
前集会から参加して、問題を広めてください。お誘い合せのうえ、振るってのご
参加をお待ちしております。

----------------------------------------------------------------
政府交渉
★大飯原発3・4号機-制御棒挿入評価値操作のカラクリ
★活断層の連動評価で耐震バックチェック制御棒挿入性能に赤信号
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-e209.html
----------------------------------------------------------------

3月27日(火)
11:30 参議院議員会館ロビー集合・入館証配布
12:00~13:00 事前集会 参議院議員会館101(120名)
13:00~14:30 交渉(予定)
14:30~15:30 事後集会(会場は15:30まで)

相 手/原子力安全・保安院・原子力安全委員会
資料代/500円
主 催/福島老朽原発を考える会(フクロウの会)、国際環境NGO FoE Japan
(地球の友ジャパン)、国際環境NGOグリーンピース・ジャパン、美浜・高浜・
大飯原発に反対する大阪の会(美浜の会)、グリーンアクション

問合せ/090-8116-7155 阪上(フクロウの会)まで

**************************

質 問 事 項

<制御棒の挿入時間について>

1.2012年3月13日の原子力安全委員会総合的評価検討会第5回の資料第5-3号添
付2(「大飯3,4号 制御棒挿入性評価結果について」、以下添付2)につい
て出典を明らかにされたい。作成者、日付、作成の意図を明らかにされたい

2.添付2に係わるデータ、資料について、原子力安全・保安院は、どのような
ものを、いつ、誰から、誰が受理したのか、どのような説明を受けたのか

3.原子力安全・保安院は、添付2について、どのような審査、検討を行ったの

4.基準地震動Ss時の制御棒の挿入時間について、審議会での審議を経て保安院
の評価も終えている大飯3・4号機の耐震バックチェックの中間報告では、制御
棒挿入の「評価値」は2.16秒とされていた。しかし、3月13日付資料の添付2で
は、2.16秒と異なる1.88秒が記載されている。2.16秒は現在も有効な値か。

<大飯原発周辺の活断層評価について>

1.FoA、FoBと熊川断層の連動について、地震と津波に関する意見聴取会(活断
層評価)では委員全員が、3つの連動について評価すべきとの意見を表明してい
る。原子力安全・保安院として、委員たちの意見を尊重し、3連動を認めるべき
ではないか。

2.3つの連動について評価した場合、大飯原発3・4号機の制御棒の挿入性能
評価において、評価基準値を上回ることが予測される。評価値が評価基準値を上
回れば、原発の運転はできないという理解でいいか。

<地元了解の範囲について>

1.原発再稼動に際して、地元合意が必要な地元の範囲を明らかにされたい。

2.昨年12月19日の政府交渉において、原子力安全委員会は、地元合意の範囲に
ついて、「運転再開については、安全協定が結ばれる地域への説明と理解が必要」
であると回答したが、相違ないか。

3.地元合意が必要な地元の中には、福井県小浜市、滋賀県、京都府が含まれる
という理解でいいか。

<ストレステスト評価について>

1.斑目春樹・原子力安全委員会委員長は、繰り返し「ストレステスト一次評価
では安全性の確認はできない」と述べている。原子力安全委員会が平成23年7月6
日付で出した指示文書「東京電力株式会社福島第一原子力発電所における事故を
踏まえた既設の発電用原子炉施設の安全性に関する総合的評価の実施について」
には、一次評価と二次評価の区別はなかったが、原子力安全委員会としては、一
次評価のみで安全性の確認ができると考えているのか。

« 【209】ぽかぽかプロジェクト続報 - 「理科実験・折り紙教室」 | トップページ | 【211】緊急声明:大飯3・4号機をめぐる原子力安全委員会の実質「お墨付き」に抗議 »

福島原発震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32037/54273037

この記事へのトラックバック一覧です: 【210】【27日政府交渉】大飯原発3・4号機-制御棒挿入評価値操作のからくり、活断層の連動評価など:

« 【209】ぽかぽかプロジェクト続報 - 「理科実験・折り紙教室」 | トップページ | 【211】緊急声明:大飯3・4号機をめぐる原子力安全委員会の実質「お墨付き」に抗議 »