2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 【227】大飯原発再稼働にNo!‥4/27 全国署名提出と院内集会の報告 | トップページ | 【229】大飯3・4号機再稼働をめぐる政府交渉 確認点(速報) »

2012/05/15

【228】再度拡散のお願い―講演会「チェルノブイリ法」への道のり:その成果と課題

講演会「チェルノブイリ法」への道のり:その成果と課題
~アレクサンドル・ヴェリキン氏を迎えて~

 

5月17日@衆議院第二議員会館
5月18日@福島アオウゼ
5月20日@東京・綾瀬

http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/5171820-40d1.html

 

チェルノブイリ事故後、5年の歳月を経て制定された「チェルノブイリ法」。追
加放射線量年1ミリシーベルト以上の地域が「避難権利ゾーン」として認められ、
在留者、避難者双方に支援を行う、先進的な内容でした。

このたび、モスクワに本部をおくロシア・チェルノブイリ連合の副代表のアレク
サンドル・ヴェリキン氏を迎えた講演会を開催します。同氏は、原発事故後の復
旧作業に従事し、のち、チェルノブイリ法の制定の立役者となりました。

今国会で原発被災者の支援のための法律が審議されていますが、「避難の権利」
を確立し、実効性の高い具体的な支援策を一刻も早く実現させるためにも、チェ
ルノブイリ法から学びながら議論を深めたいと思います。

 

【東京・綾瀬講演会】5月20日(日)14:00~16:30
会場:足立区勤労福祉会館第1ホール(綾瀬駅西口綾瀬プルミエ内)
http://www.adachi-kinpuku.co.jp/company.html
参加費:700円

【院内集会】5月17日(木)17:00~19:00
会場:衆議院第二議員会館 多目的会議室
(最寄駅:東京メトロ永田町、国会議事堂前)
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kokkaimap.htm
参加費:700円

 

◆主催団体:
国際環境NGO FoE Japan(地球の友ジャパン)
福島老朽原発を考える会(フクロウの会)
福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク(SAFLAN)

◆協力団体:
子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク、任意団体peach heart、
福島避難母子の会in関東、エコロジー・アーキスケープ、
こどもふくしま緊急支援チーム国際環境NGOグリーンピース・ジャパン、
ハーメルン・プロジェクト、福島の子どもたちとともに・世田谷の会、
福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクト、脱原発福島ネットワーク、
ハイロアクション福島原発40年実行委員会、
子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク、チェルノブイリ子ども基金

◆申込み
下記のフォームよりお申込みください。

https://pro.form-mailer.jp/fms/f80ecf3a28931
または、ファックスにて(1)ご氏名、(2)ご連絡先、(3)参加される講演会の日を下
記宛にご送付ください。

 

◆問い合わせ先
国際環境NGO FoE Japan 担当:渡辺 
Tel: 03-6907-7217(平日10:00~20:00) Fax: 03-6907-7219
090-6142-1807(満田)

 

 

※5月18日に同じ内容で福島講演会を開催します。
こちらもぜひどうぞ。福島にお住まいの方にぜひご紹介ください。

http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-6d70.html

 

【福島講演会】5月18日(金)18:00~20:30
会場:A・O・Z アオウゼ多目的会議室(MAXふくしま4F)
参加費:500円

 

※参考情報
★Q&A 原発事故被害者のいのちと暮らしを守る立法

http://www.foejapan.org/energy/action/120427.html

 

【Q&A 原発事故被害者のいのちと暮らしを守る立法】今国会に与野党から、
原発事故被害者を支援する法案が提出されました。市民団体などが、早期制定を
求めている「支援法」をやさしく解説しました。ぜひご覧ください。bit.ly/
K5zChN

« 【227】大飯原発再稼働にNo!‥4/27 全国署名提出と院内集会の報告 | トップページ | 【229】大飯3・4号機再稼働をめぐる政府交渉 確認点(速報) »

避難の権利」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32037/54715302

この記事へのトラックバック一覧です: 【228】再度拡散のお願い―講演会「チェルノブイリ法」への道のり:その成果と課題:

« 【227】大飯原発再稼働にNo!‥4/27 全国署名提出と院内集会の報告 | トップページ | 【229】大飯3・4号機再稼働をめぐる政府交渉 確認点(速報) »