2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 【271】24日金曜日は18時半別館前(大飯原発破砕帯音頭!)20時半環境省前(原子力規制委員会人事案撤回!) | トップページ | 【273】8/27【みんなで国会を回ろう】規制委員会人事案撤回署名をみんなで議員に届けよう »

2012/08/23

【272】集会報告-尿検査・ACROの活動の報告集会

8月18日、東京しごとセンター講堂で「尿検査・ACROの活動の報告集会 - 子どもたちの尿検査から見えてきた放射能汚染の実態」が開かれました。

集会案内チラシはこちらからダウンロードできます

 

報告集会には来日中のACRO理事長のD・ボワイエ氏の講演もありました。

2012_0818acro0008

 

集会は、先ずフクロウの会の事務局長で昨年4月から放射能測定プロジェクトを進めて来た青木一政から報告がありました。報告は、昨年3月11日の福島原発事故直後からの放射能測定プロジェクトの立ち上げの経緯、昨年5月末から進めている子どもたちの尿検査から見えてきたものについてのものでした。

報告の中では、「内部被ばく量を測定し予防と継続調査をすることで、健康被害を防止できる」ということが強調されました。

 

※当日の報告資料入手希望の方はこちらまで連絡下さい。
※関連記事はこちら
【254】継続検査でより確実な内部被ばく予防へ-福島・宮城・栃木・千葉県の子どもの尿検査結果
【224】尿検査と生活改善で内部被ばく低減-一関の4歳女児のその後
【220】最新データをもとに尿検査パンフレット続編を発行しました
【206】ハウスダスト・木灰も注意が必要―尿検査で記者会見(続き)
【205】尿検査結果で記者会見―宮城・岩手・千葉県など広い範囲でセシウム検出
【182】尿・ハウスダスト放射能測定>岩手県一関・千葉県柏市など広い範囲で汚染

 

フランスの放射能監視NGO-ACROのD・ボワイエ理事長からは、ACROのフランスでの25年間にわたる活動の歴史と、昨年3・11以降の日本支援の内容、その過程で見えてきた日本の放射能汚染の実態についてお話がありました。

2012_0818acro0009

 

ボワイエ理事長が強調していたのは、人々の疑問を受け止めてそれに応える測定や監視の重要性、継続した市民の側からの監視が行政や原発推進の動きに対して歯止めをかけているということでした。

 

ボワイエ氏は最後に、フランス自治体や個人からの助成金や寄付金をもとにゲルマニウム半導体測定装置を日本に寄贈することを明らかにしました。フクロウの会が中心となって進めている新たな放射能監視センター設立の動きに対する期待を明らかにしました。

※当日の報告資料入手希望の方はこちらまで連絡下さい。

 

報告会の最後にフクロウの会代表の阪上武から福島県が進めている健康管理調査の甲状腺検査結果の問題点についての報告、焦点となっている規制庁の人事問題についての行動提起の呼びかけが行われました。

※当日のプレゼンの様子についてはこちらでご覧になれます。

子どもたちの尿検査から見えてきたもの
子どもたちの尿検査から見えてきたもの(Youtube)

ACRO による放射能測定-フクシマ調査で見えてきたもの
ACRO による放射能測定-フクシマ調査で見えてきたもの(Youtube)

緊急告知!!原子力規制委員会”人事案の撤回を
緊急告知!!原子力規制委員会”人事案の撤回を (Youtube)

« 【271】24日金曜日は18時半別館前(大飯原発破砕帯音頭!)20時半環境省前(原子力規制委員会人事案撤回!) | トップページ | 【273】8/27【みんなで国会を回ろう】規制委員会人事案撤回署名をみんなで議員に届けよう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32037/55488245

この記事へのトラックバック一覧です: 【272】集会報告-尿検査・ACROの活動の報告集会:

« 【271】24日金曜日は18時半別館前(大飯原発破砕帯音頭!)20時半環境省前(原子力規制委員会人事案撤回!) | トップページ | 【273】8/27【みんなで国会を回ろう】規制委員会人事案撤回署名をみんなで議員に届けよう »