2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 【緊急抗議声明】大飯原発評価会合 | トップページ | 【緊急署名】大飯原発は新基準に適合していません! 直ちに運転停止 を! »

2013/06/19

【6・21(金)規制庁交渉】大飯原発は新基準に適合していない!直ちに停止を!

===================================================

大飯原発は新基準に適合していない!直ちに停止を! 
6月21日(金) pm3:45~5:45 参議院議員会館 B103

===================================================

皆さまへ 重複失礼します。拡散歓迎です。
緊急ですが、21日(金)に規制庁交渉が決まりました。ぜひ、ご参加ください。

規制委員会は、新基準を19日に完成させ、施行を7月8日に前倒しして、再稼
働を推し進めようとしています。

大飯原発については、6月末までに新基準に適合している判断を下し、運転継続
を認めようとしています(9月の定期検査入りまで)。
6月20日と24日の評価会合を経て、26日の規制委員会本会議で決定する可
能性があります。

規制委員会の更田委員は、15日の大飯原発視察で「決定的な欠落はない」とコ
メントしています。しかし実態は、「決定的な欠落あり」です。
問題の多い新基準ですが、それでも、大飯原発は適合していません。

事故収束のために必要な免震事務棟はまだ完成していません。そのため、大飯
1・2号の会議室を代用するとしていますが、事故の起きている3・4号のすぐ
となりで、38名しか収容できず、ノートパソコン1台しかありません。

防潮堤も完成していません。敷地内破砕帯の結論も出ていません等々。

規制庁との交渉に参加し、大飯原発の運転停止を求めましょう。

 

☆大飯原発は新基準に適合していない!直ちに停止を! 規制庁交渉☆

◇日時:6月21日(金)事前打ち合わせ:pm3:45~ 交渉:pm4:15~5:45

◇場所:参議院議員会館 B103(午後3:20~1階ロビーで入館証配布)

◇主催:グリーン・アクション/美浜の会/大飯原発止めよう裁判の会/原子力
規制を監視する市民の会

◇資料代 500円(遠方からの参加者へのカンパ歓迎です)

☆緊急署名もよろしくお願いします。
第一次集約分を、21日の交渉で提出予定です。

 

【緊急署名】大飯原発は新基準に適合していません! 直ちに運転停止を!

ネット署名:http://goo.gl/bqUV9
携帯から:http://fs220.xbit.jp/n362/form1/index.cgi
紙版の署名用紙:
http://greenaction-japan.org/internal/130618_ohi-shomei.pdf

第一次集約:6月20日(木)22時 / 最終集約:6月25日(火)22時

質問書は下記です。・・・・・・・・・・・・・・・・・

大飯原発3・4号 新基準適合性評価に関する質問書
2013年6月18日
原子力規制委員会 様

1.免震事務棟の代わりとなる、大飯1・2号の会議室について
 大飯原発3・4号の免震事務棟は、大飯原発サイトの取水口南側に2年後の秋
に運用開始予定となっている(最大1000人収容)。関電は、それまでは大飯
1・2号の会議室を代わりに使用するとしている。

(1)事故時に集中的な対応を行う場所が、隣の大飯原発1・2号の会議室で
は、距離が近すぎて役割を果たせないのではないか?免震事務棟は、距離を離す
のが原則ではなかったのか?

(2)会議室は約105平方メートルで、収容人員は38名でしかない。また、
原子炉の状況などを表示する機器は、ノートパソコン1台しかない。これで、充
分な機能を果たせるのか?

(3)免震事務棟の完成は2015年秋頃のため、現在は新基準に適合していな
いのではないか?

2.大飯原発の防潮堤完成時期について
 規制委員会は、再稼働のための申請の前提として、防潮堤の完成をあげている。
 大飯原発の防潮堤完成時期は、来年3月の予定となっている。そのため、新基
準に適合していないのではないか?

3.敷地内破砕帯調査について
 規制委員会は敷地内活断層の調査中原発については、再稼働のための申請の前
提として、結論が得られていることを条件としている。
 大飯原発では、敷地内破砕帯F-6について調査が継続中であり、有識者会合
でも結論が出ていない。そのため新基準に適合していないのではないか?

4.フィルター付きベント設備について
 規制委員会は、再稼働のための申請の前提として、PWR原発では、フィル
ター付きベント設備の完成をあげている。
 大飯原発では、フィルター付きベント設備の完成は2016年3月完了予定と
している。そのため新基準に適合していないのではないか?

5.基準地震動関係
 規制委員会は「3連動を基本として基準地震動を策定すること」を関電に求め
てきた。しかし、関電は、基準地震動については2連動のままで、3連動は「念
のため」として「評価用地震動」なるものに置き換えてしまった。
 規制委員会の要求を認めず、3連動で基準地震動を策定しないのでは、新基準
に適合しないのではないか?

6.大飯原発は新基準に適合していないため、運転停止を求めるべき
 以上のように、規制委員会の要求さえも満たさない大飯原発は、新基準に適合
しているとはいえない。そのため、直ちに大飯原発の運転停止を求めるべきでは
ないか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2013年6月18日
美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)
530-0047 大阪市北区西天満4-3-3 星光ビル3階
       TEL 06-6367-6580  FAX
06-6367-6581
       http://www.jca.apc.org/mihama/  mihama@jca.apc.org

« 【緊急抗議声明】大飯原発評価会合 | トップページ | 【緊急署名】大飯原発は新基準に適合していません! 直ちに運転停止 を! »

原発再稼動問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32037/57622690

この記事へのトラックバック一覧です: 【6・21(金)規制庁交渉】大飯原発は新基準に適合していない!直ちに停止を!:

« 【緊急抗議声明】大飯原発評価会合 | トップページ | 【緊急署名】大飯原発は新基準に適合していません! 直ちに運転停止 を! »