2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 【集会報告】40年超え老朽炉を廃炉に!各地から結集 | トップページ | 【調査報告】放射能汚染実態をイメージ画像化-南相馬市・富岡町調査報告 »

2016/07/27

【報告】<緊急要請・院内集会>原発地震動過小評価問題

みなさまへ(転載歓迎)

本日ご参加していただいたみなさん、ありがとうございました。
小山さん、アイリーンさんもお疲れ様でした。記者のみなさん含めて
40名ほどの参加でした。

冒頭、規制委員会あての要請書を提出しました。要請は、呼びかけ、賛
同含めて98団体、565名の賛同を付けて提出しました。ご協力あり
がとうございました。

規制庁からは、規制部の地震担当が1名、技術基盤部(旧JNES)か
ら1名来ました。要請書提出のあと、15分ほど状況説明と簡単なやり
取りをしました。

規制庁規制部の担当者は、島崎氏とのこれまでのやりとりの経緯を話し
た上で、明日の規制委定例会合での再協議について、規制庁が行った再
計算について詳しい説明を行うことになっている、再計算の過程でどの
ような問題があるのかが問題になるだろう、再計算の取り扱いがどうな
るかはわからない、いま詳しい話はできないとのことでした。

こちらからは、不確かさや基本ケースで規制庁の値が関電よりも小さい
ことについても議論するのかと聞きましたが、計算の過程について説明
をすることになっているとだけ答えました。

こちらの要望として

・不確かさや基本ケースの扱いについても議論すべき
・規制庁が武村式で再計算したことそのものは評価している。撤回すべ
きではない。これをより適正なやり方で行う方向で検討してほしい
・その場合、美浜3号の地震動計算も見直しが必要となることから、審
査を止めて欲しい
・今回再協議中であることを理由に交渉を断わったがが、再協議中で結
論がでていないときこそ、きちんと交渉に応じて、疑問に答えて意見を
聞くべき

といったことを話して終わりました。技術基盤部の人にもいまの状況を
どう受け止めているのか聞いたのですが、規制部の役人がさえぎってし
まい、結局一言も話しませんでした。

その後は院内集会となり、私のほうから、島崎氏と規制委とのこの間の
経緯と、規制庁の再計算について、2つのごまかしと、その一方で、島
崎氏の聞き取りにより、武村式では入倉式の1.8倍になることが明ら
かになったことの意義について、これを恐れた規制委が、再計算そのも
のをなかったことにしようと動いていることについて、規制委と島崎氏
のやりとりのビデオを交えて話しました。

美浜の会の小山さんからは、熊本地震で武村式の正しさが証明されたこ
と、規制庁の再計算で、武村式に不確かさを考慮しないことの誤りにつ
いて、入倉式が過小評価になる原因(経験式の対象地震のとりかた)に
ついて、地震モーメントと地震動の加速度の関係について、詳しい説明
がありました。その後活発な質疑があり、後藤政志さんからもコメント
をいただきました。

明日の規制委の会合が注目ですが、規制庁の再計算の意義と低くみせる
からくりを広く知らせながら、原発を止めたうえでの武村式での評価を
要求し、大飯原発、美浜原発をはじめ、各地の原発で再稼働ができない
状況をつくっていこうと確認しておわりました。

31日には京都でこの問題で集会がもたれるということです。
資料をアップしたらまたお知らせします。

阪上 武

« 【集会報告】40年超え老朽炉を廃炉に!各地から結集 | トップページ | 【調査報告】放射能汚染実態をイメージ画像化-南相馬市・富岡町調査報告 »

原発再稼動問題」カテゴリの記事

コメント

原爆投下の新事実「トルーマンはなぜ広島、長崎に落としたか」軍の内部資料、元軍人の証言テープを分析
【NHKスペシャル 原爆投下 書き替えられた真実(仮)】  総合 08月04日(木) 21:00 ~21:58
2016/8/ 4 06:00
アメリカは1945年8月6、9日、広島と長崎に原子爆弾を投下した。アメリカでは当時のトルーマン大統領が数百万人の米兵を救うため決断した「意義ある作戦」だったという受け止め方が根強いが、軍の内部資料や政権宛ての親書の解析が進み、新事実が明らかになってきた。

NHKは投下作戦に関わった元軍人に取材し、原爆を開発した陸軍のグローブス将軍などの肉声を録音したテープを発見した。「トルーマン大統領は実は何も決断していなかった...」。アメリカの歴史家の多くがそうささやき始めた71年目の夏、原爆投下の知られざる新事実に迫る。

<「最も怖いのは、人間の欲だ!」ということが良く分かる; 本当は最初は
京都だったようだ。広島に変えさせられたが、広島・長崎・・・・はやはり人体実験だった>
***欧米人ではテストできなかったのでは???当時台頭してきたソ連が恐ろしかった; ソ連も同じような狂気の国だから; 最悪のテストをさせたのが日本帝国の
軍部に操られた天皇と首脳部の日中戦争から太平洋戦争の悪行だ***

ABCCもひどし組織だった。それを引き継いだ現組織も!

それを引き継いだ現組織とは、RERF(広島市)というのだそうだ。

ABCCは被爆者の差別組織でトンでも組織だったが、RERFも同じような差別組織だった。
いまだに、被爆者を助けるどころか、様々の人種差別と人道倫理に反する調査を強制し繰り返した。

RERFも全く同じだ。
ABCCを引き継いで、様々の人種差別と人道倫理に反する調査を強制し繰り返している。
しかも、日本政府が金を出している。支援をしているのが厚生労働省だ。

RERFが調査から生み出したデータは世界の標準になっていると自慢している。
それが間違ったデータだったので、福島の人々は全く何もないのに避難を強制されている。
 
 
そして、津波被災三県で断然トップの2000名以上の災害関連死を出した。
復興省はただ統計を調査するだけ。
 
どこかの市民?民間?NPO?団体は、政府と強調して、まだまだ避難が必要だ。
解除するな!まだまだ差別が必要だ。除染という環境破壊が必要!だと叫んでいるらしい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32037/63972733

この記事へのトラックバック一覧です: 【報告】<緊急要請・院内集会>原発地震動過小評価問題:

« 【集会報告】40年超え老朽炉を廃炉に!各地から結集 | トップページ | 【調査報告】放射能汚染実態をイメージ画像化-南相馬市・富岡町調査報告 »