2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017/05/25

6月4日フクロウカフェやります―どなたでも参加可能-

※拡散歓迎

6月4日(日)13:30~ フクロウ・カフェ - どなたでも参加できます -

フクロウ・カフェ チラシはこちらから

 

 

原発再稼働・汚染の拡散・除染土再利用。いろいろな疑問や不安、 私はこう思う、私たちに何ができるのか、などなどみんなでお話しませんか?

 

どうぞお気軽にご参加ください。

 

●日時:2017 年 6 月 4 日(日)  13:30~16:00 頃(開場 13:15)
●場所:フクロウの会事務所(飯田橋駅 5 分:311 市民プラザ内)
新宿区下宮比町 3-12 明成ビル 302 号 
(不明な場合 090-8116-7155 阪上まで)
●参加費:300 円(お茶・お菓子付き)
マイカップ持参も歓迎です❤手ぶらでも OK!
●テーマ  浪江町山火事のリネン吸着法による調査について
          安定ヨウ素剤の事前配布を求めて  など
●ファシリテーター:阪上  武(福島老朽原発を考える会代表)
                 青木  一政(福島老朽原発を考える会事務局長)


♪福島老朽原発を考える会(略称:フクロウの会)は放射能汚染や事故の心配がなく、放射性廃
棄物を生み出さない社会をめざして首都圏で活動を続けて来た団体です。 2011 年 3 月 11 日
の福島原発事故以降、脱原発の運動に加え、人々への被ばくが少しでも少なく抑えられるよう
情報提供・放射能測定・国や自治体への働きかけなどを行っています。
♪フクロウの会ではボランティアスタッフ(学生他)を募集中☆
下記までご連絡お待ちしています。

福島老朽原発を考える会(フクロウの会)
連絡先:fukurounokai@gmail.com   
TEL: 03-5225-7213    FAX:03-5225-7214 
ブログ:http://fukurou.txt-nifty.com/fukurou/
〒162-0822  東京都新宿区下宮比町 3-12 明成ビル 302 号

<抗議声明>大飯原発3・4号炉の設置変更許可に抗議する!

<抗議声明>拡散希望
***********************************
大飯原発3・4号炉の設置変更許可に抗議する!

http://kiseikanshi.main.jp/2017/05/24/kogi-6/

本日5月24日の原子力規制委員会会合において、関電大飯原発3・4号炉の設
置変更申請の許可が出され、再稼働に向けた手続きが進みました。これに抗議し、
市民14団体共同で抗議文を発出しましたのでお知らせします。

***********************************

2017年5月24日
抗議声明
大飯原発3・4号機の審査書確定・設置変更許可に強く抗議する

 原子力規制委員会は、本日(5月24日)、大飯原発3・4号機の「審査書」を確
定し、設置変更を許可した。私たちは、これに強く抗議する。

 大飯原発3・4号では、とりわけ昨年来基準地震動の過小評価が大きな問題とな
ってきた。前原子力規制委員会委員長代理で地震動評価の責任者であった島﨑邦
彦氏が、「入倉・三宅式による基準地震動は過小評価であり、許可すべきではな
い」と4月24日に名古屋高裁金沢支部で行われた裁判で証言している。規制委員
会はこの提言を全く無視して、過小評価の基準地震動のままで許可した。

 大飯原発が再稼働し、近くにある活断層で地震が起これば、福島原発事故が再
現されることになる。そうなれば、大量の放射能が大気中に放出され、周辺住民
を襲うばかりか、数時間で大阪・神戸にも到達する。琵琶湖にも降り注ぎ関西一
円の飲料水が汚染されることになる。風下の中部地域にも被害が及ぶ。
しかし、避難計画にいたっては、30km圏内で安定ヨウ素剤の事前配布もなく、自
然災害との複合災害は想定せず、要援護者の避難にいたっては具体的な避難方法
さえ決まっていない。広範な住民が「自己責任」で逃げまどわなければならなく
なる。そうなってもだれも責任をとらないことは、福島原発事故が如実に示して
いる。

 事故時に被害を被る福井や京都府北部等の住民・自治体の声はまったく無視さ
れている。関電が高浜原発で引き起こしたクレーン倒壊事故については、高浜の
みならず、大飯、美浜サイトでも「総点検」を実施するよう地元から求められた
が、関電の対策は「暴風警報について気象協会からFAXを受け取る」等あきれ
る内容だ。そのため、京都府と京都府北部自治体はクレーン問題はいまだ解決し
ていないと表明している。規制委員会は、クレーン倒壊事故を審査することもな
く、30km圏内自治体に説明することもなく、原発の再稼働を後押ししている。無
責任にも程がある。

 関西電力は秋から冬にも大飯原発3・4号の再稼働を狙っている。これに対して、
福井、関西、全国の運動は連携し、各地で闘われている裁判闘争とも連携を深め、
再稼働を止めていこう。

2017年5月24日 [14団体]
原発設置反対小浜市民の会/ ふるさとを守る高浜・おおいの会/ 原発なしで暮
らしたい宮津の会/ グリーン・アクション/ 防災を考える京田辺市民の会/ 
避難計画を案ずる関西連絡会/ 美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会/ 脱
原発へ!関電株主行動の会/ 脱原発わかやま/ おおい原発止めよう裁判の会/
 核のごみキャンペーン・中部/ 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止め
る裁判の会/ 国際環境NGO FoE Japan/ 原子力規制を監視する市民の会

連絡先:グリーン・アクション:京都市左京区田中関田町22-75-103 TEL:075-
701-7223 FAX:075-702-1952
美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会
大阪市北区西天満4-3-3星光ビル3階 TEL:06-6367-6580  FAX:06-6367-6581
原子力規制を監視する市民の会
東京都新宿区下宮比町3-12-302  TEL:03-5225-7213 FAX: 03-5225-7214


2017/05/23

5月24日規制委の後で抗議アピール

みなさまへ

今週水曜日の規制委で大飯原発3・4号炉の設置許可が議題に上がっています。

大飯原発は、島崎邦彦元原子力規制委員長代理が、熊本地震のデータに照らして、
基準地震動の策定に過小評価があると警告を発した原発です。

規制委は再計算を行いましたが、提言を採用しませんでした。島崎さんは、4月
24日に裁判所で証言に立ち、改めて警告を発しています。規制委はこれも無視
して、再稼働への手続きを進めようとしています。

他にも、汚染水対策がないこと、避難計画に欠陥があり、5キロ圏外の安定ヨウ
素剤の事前配布もないなど、問題が山積しています。関電の安全管理に対し周辺
住民や自治体から不信の声が上がっている中で、許可はゆるされません。

水曜日は、これに抗議して、規制委前でアピール行動を行います。首都圏のみな
さん、傍聴とアピールにご参加ください。

 

◆大飯原発3・4号炉の設置許可に抗議アピール◆

日時:5月24日(水)12:00~12:30
場所:原子力規制委員会前(六本木ファーストビル:六本木一丁目駅5分)
主催:原子力規制を監視する市民の会
問合せ:090-8116-7155阪上まで

2017/05/16

高浜原発の再稼働に反対!クレーン問題は未解決!

みなさまへ

関西電力は、高浜原発3・4号炉の再稼働準備を進めています。4号炉を17日
にも再稼働を行うと報道されています。

 

クレーンの倒壊事故をきっかけに、関電の安全管理に対する積もり積もった不信
が噴出しています。滋賀県は再稼働に反対しています。京都府の協議会の場で、
宮津市・南丹市・福知山市は、住民への説明や、住民説明会の開催を関電に求め
ています。舞鶴市は、クレーン問題の解決なしに再稼働の動きが進んでいること
に遺憾の意を表明しています。

 

京都府7市町の地域協議会幹事会の速報(避難計画を案ずる関西連絡会)
http://www.jca.apc.org/mihama/saikado/sokuho_k_kanzikai170511.pdf

 

基準地震動には過小評価があります。高濃度汚染水対策はなく、実効性のある避
難計画もない、安定ヨウ素剤の事前配布も不十分です。このような状況で再稼働
はとても認められません。

 

17日に関電東京支社前にて、高浜原発の再稼働に反対し、関電に説明会の開催
を求めてアピール行動を行います。是非ご参加ください。

 

◆高浜原発再稼働に反対!関電東京支社前アピール行動◆
http://kiseikanshi.main.jp/2017/05/14/kanden-2/
5月17日(水)10:30~11:00
関電東京支社前(富国生命ビル:地下鉄内幸町駅)
原子力規制を監視する市民の会

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »