2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 1/24<院内集会&政府交渉>原発の火山審査を問う他 | トップページ | <政府交渉報告>原発の火山審査を問う/中間貯蔵/避難計画 »

2018/01/21

1/24<院内集会&政府交渉>原発の火山審査を問う他

みなさまへ<拡散希望>

原発の火山審査を問う院内集会&政府交渉のご案内です
避難計画を案ずる関西連絡会も主催に加わりました。
事前質問事項を添付します。よろしくお願いいたします!

**********************************************
  広島高裁・伊方原発差止決定を受けて
 原発の火山審査を問う 政府交渉&院内集会

http://kiseikanshi.main.jp/2018/01/12/1222/
使用済核燃料の中間貯蔵/避難計画の被ばく線量他
**********************************************

1月24日(水)13:00~16:50@参議院議員会館
愛媛、佐賀、鹿児島、関西他、各地から参加の予定です。

広島高裁は伊方原発の運転差止を認める仮処分決定を下しましたが、その理由は
火山リスクでした。原発の火山審査について5例目の決定でしたが、火山の危険
性については、電力・規制委側に立つ決定は1例しかなく、電力・規制委側から
みて1勝4敗となっています。立地に係る危険性がないとはいえないというのが、
専門家と司法の総意です。川内、玄海、伊方原発については、立地の可否から見
直しが必要です。

また、大飯、高浜原発では、大山からの火山灰の影響について、従来の評価が大
幅な過小評価であったことが、規制庁の委託研究により明らかになっています。
しかし再評価は進んでいません。このような状況で原発の稼働・再稼働は許され
ません。

原発の火山審査が根本から問われる状況で、院内集会と規制庁との交渉の場を持
ちます。関電で急浮上した使用済核燃料の中間貯蔵の問題と、同じく関電で問題
になっている避難計画における被ばく線量評価の問題なども取り上げ、それぞれ、
政府交渉を行う予定です。愛媛、佐賀、鹿児島、関西他、各地から参加の予定で
す。どなたでも参加できます。ぜひご参加ください。

日時:1月24日(水)13:00~16:50
 12:30~参議院議員会館ロビーにて通行証配布
 13:00~14:30 院内集会
 14:40~16:50 政府交渉

場所:参議院議員会館B104(地下鉄永田町駅/国会議事堂前駅)

主催:川内原発30キロ圏住民ネットワーク/玄海原発プルサーマルと全基をみん
なで止める裁判の会/グリーン・アクション/美浜・大飯・高浜原発に反対する
大阪の会/避難計画を案ずる関西連絡会/グリーンピース・ジャパン/FoE Japan
/原子力規制を監視する市民の会 他調整中

問合せ:090-8116-7155 阪上まで/資料代:500円

« 1/24<院内集会&政府交渉>原発の火山審査を問う他 | トップページ | <政府交渉報告>原発の火山審査を問う/中間貯蔵/避難計画 »

原発再稼動問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32037/66304885

この記事へのトラックバック一覧です: 1/24<院内集会&政府交渉>原発の火山審査を問う他:

« 1/24<院内集会&政府交渉>原発の火山審査を問う他 | トップページ | <政府交渉報告>原発の火山審査を問う/中間貯蔵/避難計画 »