December 2020
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 大崎市試験焼却差し止め裁判の証拠としてリネン監視結果を提出 | トップページ | 六ヶ所再処理施設の審査会合で渡辺満久さん指摘の六ヶ所断層に関する議論 »

2019/08/06

地元では訴訟を準備―田村市バイオマス発電第2回学習会

8月4日田村市大越町行政局にて「第2回木質バイオマス発電を考える学習会」が開かれました。昨年9月につづき2回目の開催です。

第2会大越学習会チラシ

田村市大越町では既に田村バイオマスエナジ―㈱(以下田村BE)の基礎工事が進んでいます。

 

田村BEの予定地ー既に基礎工事が始まっている

 

学習会は、報告1としてちくりん舎の青木より「放射能汚染林と木質バイオマス発電」と題して講演がありました。講演内容では、今年4月に行われた第1回地域協議会で田村バイオマスエナジー㈱(以下田村BE)が説明した資料をもとに、田村BEのバイオマス発電計画の問題点の指摘が具体的に行われました。

 

学習会報告1での講演のようす

 

問題点の指摘の第1は、田村BEが放射能を「厳格に管理」するということへの疑問点です。受け入れ木材は空間線量計で「周辺の放射線量と変化がないこと」としているが、これでは事実上無チェックにちかいことが指摘されました。また第2の点として「安全安心のためバグフィルターの後段にHEPAフィルターを設置する」としていますが、計画図ではこれが信頼できるものではないことが具体的に指摘されました。

プレゼンの録画はこちらから(約55分)

プレゼン資料はこちらからダウンロードできます

つづいて特別講演として東京大学大学院農学生命科学研究科の鈴木宜弘教授より「民有林・国有林の『盗伐』合法化のねらい」と題して講演が行われました。

 

鈴木先生のお話は、バイオマス発電事業に木材を安価で大量に供給できるようにする法律改悪が進められていること、それらは安倍政権のもとで進められている農業や漁業への大資本の進出を促すような一連の法律改悪の一環であることが説明されました。先生のお話は深刻な問題をユーモアたっぷりに説明し聴衆を引き込むものでした。

学習会の最後に「大越町の環境を守る会」の皆さん、「放射能ごみ焼却を考えるふくしま連絡会」の和田央子さんからお話がありました。そのお話の中で、HEPAフィルターの虚偽説明による公金支出を問題として田村市に対して行政訴訟を考えていること。その準備段階として行政監査請求を行っていることが紹介されました。

大越町の環境を守る会、ふくしま連絡会、ちくりん舎などが中心となり既に「田村バイオマス訴訟支援の会」が作られています。訴訟支援の会への寄付、会の宣伝などよろしくご協力をお願いします。

 

FBページはこちらです

メールはこちらから tamurabaiososyou.sien@gmail.com

田村バイオマス訴訟支援の会チラシ

田村バイオマス訴訟支援の会への寄付はこちらへおねがいします。

ゆうちょ振込口座:00270-8-106485

口座名称:田村バイオマス訴訟支援の会(タムラバイオマスソショウシエンノカイ)

 

« 大崎市試験焼却差し止め裁判の証拠としてリネン監視結果を提出 | トップページ | 六ヶ所再処理施設の審査会合で渡辺満久さん指摘の六ヶ所断層に関する議論 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大崎市試験焼却差し止め裁判の証拠としてリネン監視結果を提出 | トップページ | 六ヶ所再処理施設の審査会合で渡辺満久さん指摘の六ヶ所断層に関する議論 »