November 2020
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 2020・1・19フクロウカフェやります(どなたでも参加できます) | トップページ | 福島県「聖火リレーコース線量調査」が示す放射能汚染状況 »

2020/01/09

2・15(土)止めよう!放射能のばら撒き~除染ごみ焼却と木質バイオマス発電を考える~(第2弾)

学習交流集会in郡山2020
止めよう!放射能のばら撒き~除染ごみ焼却と木質バイオマス発電を考える~(第2弾)

●日時:2020.2.15(土)13:20~16:30 13:00開場
●場所:郡山市ミューカルがくと館(1階 大ホール)
郡山駅前から麓山経由大槻行き、または、休石行き「開成山プール」下車。もしくは、さくら循環虎丸回り「総合体育館前」下車。各所要時間は、約10分 
Tel:024-924-3715 
郡山市開成一丁目1番1号

●参加費無料(会場カンパをお願いします)
●共催:NPO 市民放射能監視センター(ちくりん舎)・放射能ごみ焼却を考えるふくしま連絡会

Photo_20200109093101

チラシはこちらからダウンロード できます

 

【第1 部 放射能ごみ焼却と環境破壊を考える】
●報告1 和田央子さん(放射能ごみ焼却を考えるふくしま連絡会)
●報告2 青木一政さん(ちくりん舎)
●ゲストトーク 満田夏花さん
「地球規模での森林破壊につながる大規模バイオマス発電」

【第2部 各地からの報告】
●福島県飯館村(放射能汚染の現状)
●長野県東御市(バイオマス発電計画に対する取り組み)
●宮城県大崎市(汚染廃棄物焼却中止を求める訴訟の状況)
●福島県田村市(バイオマス発電訴訟の状況)
●全体討論 

【開催に当たって】
 目前に迫ったオリンピック聖火リレーは、福島県楢葉町にあるJビレッジをスタートに全国を回ります。Jビレッジは、9年前、福島原発事故の大混乱の中、収束作業にあたる東電関係者、警察、消防、自衛隊などの対応拠点になった場所です。このことに象徴されるように、政府や福島県は、東京オリンピックを「福島原発事故からの復興」、「安全でクリーンな福島」を世界中に発信する一大キャンペーンとして行おうとしています。未だに人が住めない帰還困難区域がある常磐線富岡~浪江間を再開させることも決定しました。
 しかし、福島原発事故の汚染被害の現実は、現在においても深刻です。避難指定解除は住民の合意を得ないまま進められ、避難者はまだまだ放射線量の高い地域にやむなく「帰還」するか、さもなければ賠償や支援を打ち切られ、経済的・社会的に厳しい状況に置かれたまま、避難や移住を余儀なくされています。
 莫大な予算をつぎ込んで行われた除染の後始末も同様です。環境省は膨大な量の除去土壌を「リサイクル」と称して公共事業に使おうと計画しています。中間貯蔵施設では、公共事業にも使えない高濃度の除去土壌・焼却灰を最終的に溶融し減容化するための灰溶融炉の建設も進んでいます。そこで発生する溶融スラグは数十億ベクレルに達するとされています。
 国は、再生可能エネルギーとして福島県内各地で木質バイオマス発電の建設を進めていますが、燃料に使われるのは除染をしていない森林伐採木です。除染をしない代わりに間伐に補助金を出し、バイオマス燃料への利用を進めています。汚染木から生じたセシウムの濃縮された灰は、建設資材として再利用される予定です。
 各地でこうした放射能ごみのバラマキに反対する声が上がっています。本学習交流集会では、こうした放射能ごみのバラマキの裏側にあるものについて考え、各地での実態を共有し、放射能拡散政策を止めるための一助にしたいと考えています。多くの方々の参加をお願いします。

●2月16日(日)に、オプショナル・ツアーを計画中です(復興記念公園、双葉アーカイブなど)。
詳しくは、ちくりん舎または、放射能ごみ焼却を考えるふくしま連絡会へお問い合わせください。

【問合せ】
●ちくりん舎     lab.chikurin@gmail.com   Tel&Fax  042-519-9378
●放射能ごみ焼却を考えるふくしま連絡会  stopsyokyakuf@yahoo.co.jp

« 2020・1・19フクロウカフェやります(どなたでも参加できます) | トップページ | 福島県「聖火リレーコース線量調査」が示す放射能汚染状況 »

放射能ごみのばらまきに反対」カテゴリの記事

コメント

<<福島で被ばくして死んだ人はゼロだね!>>

2019-12-28 河北新報 朝刊 16版(3面)  <抜粋引用>

<復興庁調査> 震災関連死 福島14人増

2019年 9月末 時点 10都県の3739人となったと発表。
3月末時点の前回集計から16人(岩手2人、福島14人)増えた。
都県別では、東京電力福島第1原発事故で長期非難を強いられている
被災者が多い福島が約6割の2286人で、宮城928人、岩手469人だった。

<人間は災害で <<特に長期>> 避難すると死ぬんだねー

去年の台風19号でも同様なのだが!>


放射性物質の人体さん!こんにちは!

60kgの人体さんは、4000ベクレルの放射能を持っているそうです!
アラー、もう少し増えたら指定廃棄物:kg あたり8000ベクレルでしたっけ?
それセシウム? いやセシウムの仲間のカリウムだよ。

カリウムからは1.46MeVの強烈なガンマ線が出るそうです。
それから、高いエネルギー1.31MeVのベータ線もね!

1.4MeVの強烈なガンマ線!
遮蔽がきついね。できないね!
無理だわ。

あのね、NHKでやってたけど、長生きに昆布なんか食べるのが良いらしいが
昆布にはカリがものすごい量含まれているんだ。
農業ではカリ肥料を使っているし。
その辺のコンクリート壁にもいっぱい入っているしね。

満員電車内では、他人のカリですごい被ばくしているんだ。
子供を抱くと親は子供に被ばくさせているんだよ。

あらら、へー、なるほど。

福島の2000人の関連死は、不必要な避難指示をした政府の責任だ!!
馬鹿な知事と各自治体の責任だ!1

<<福島で被ばくして死んだ人はゼロだね!>> 死ぬわけないよ!

=========================
2019-12-28 河北新報 朝刊 16版(3面)  <抜粋引用>

<復興庁調査> 震災関連死 福島14人増

2019年 9月末 時点 10都県の3739人となったと発表。
3月末時点の前回集計から16人(岩手2人、福島14人)増えた。
都県別では、東京電力福島第1原発事故で長期避難を強いられている
被災者が多い福島が約6割の2286人で、宮城928人、岩手469人だった。

<人間は災害で <<特に長期>> 避難すると死ぬんだねー

去年の台風19号でも同様なのだが!>
=========================

◎都県別では、東京電力福島第1原発事故で長期非難を強いられている

関連死は、不必要な避難指示をした政府の責任だ!!
関連死は、不必要な避難指示をした政府の責任だ!!
関連死は、不必要な避難指示をした政府の責任だ!!

政府の避難指示の根拠はICRP: お馬鹿さん集団の勧告だそうだよ!
ALARA原則とLNTだよ。

なんだ、それ! 
「あらら」「アララ」と「えるえぬティー」だよ!
なんだ、それ! 

関連死は、不必要な避難指示の根拠を与えたICRPの責任だ!!

放射性人体さん!こんにちは! さんによると、4000ベクレルだそうですが、
K-40は人体中に5000ベクレルから7000ベクレルと言う話もあるようです。

所で、
、内閣府が原発所在県に要請している重要なことは、
原発事故の際に「ヨウ素剤」の緊急配布だそうです。
「ヨウ素剤」とは、事故の際には、ヨウ素が飛んできて、「のど」を痛めるので、
それを防ぐ爲のようです。

それで調べてみると、ヨウ素剤とは、ヨウ化カリウムらしいです。

えー!とビックリ!
ヨウ化カリウムとはKI!?つまりカリウムが入っているのです。
ところが、「放射性人体さん!こんにちは!」 さんによれば、
カリは天然の放射性物質なんですね。

<<K-40は人体中に4000ベクレルから7000ベクレルですか>>

何だか訳がわからなくなりました。
放射線防護のためにヨウ素剤を飲むのかと思ったのですが、
それが放射性物質とは!? いやーびっくりです。

前の人の報告を引用しよう。

<<福島で被ばくして死んだ人はゼロだね!>>
2019-12-28 河北新報 朝刊 16版(3面)  <抜粋引用>
<復興庁調査> 震災関連死 福島14人増
2019年 9月末 時点 10都県の3739人となったと発表。
3月末時点の前回集計から16人(岩手2人、福島14人)増えた。
都県別では、東京電力福島第1原発事故で長期非難を強いられている
被災者が多い福島が約6割の2286人で、宮城928人、岩手469人だった。

<人間は災害で <<特に長期>> 避難すると死ぬんだねー>
何のための避難だったの!?人災だね!
まだ増えているかもしれない。

避難者の死は、ICRPと言う組織の勧告の”セイ”だな。
いやいや、馬鹿な勧告を信じて避難を指示し、それを続けた政府、
当時や現在の〇〇大臣の責任かな。
まだ、緊急事態らしいよ。

福島県の人達は長い間、悪口や批難をされ、いじめられた。
食料や農業生産者は、福島県産として忌避された!
風評と言われたが、それに便乗した組織がいっぱいあった。
いやいや、除染で農業ができなくなったんだ。
馬鹿な事態だった。
1960年代には、福島以上に全国が汚染されたのに、
誰も何の心配もなく、飲み食いしていたのにね。

特に、避難者は悪口や批難をされ、いじめられるだけでなく、
将来への希望を強制的に徹底的に失わされた。

「危険、危険」と言われて、徹底的にいじめられたのだ。
人は虐められる死ぬんだよ!
コロナみたいなものが出るとかならず出現するのだ!

何とか情報室や何とかの会の情報なんかひどかったね。
それから、西の方の〇〇大学の××人衆とかいう連中もいたね。
欧州から来た変な組織もあったようだし。
皆視野が狭いからね!
コロナみたいなものが出るとかならず出現するのだ!
また人災になりそうだ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020・1・19フクロウカフェやります(どなたでも参加できます) | トップページ | 福島県「聖火リレーコース線量調査」が示す放射能汚染状況 »