September 2021
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »

2021/05/23

IISORA学習会で飯舘村木質バイオマス発電の問題点について発表しました

5月20日、IISORA(飯館村放射能エコロジー研究会)の学習会にて飯舘村の木質バイオマス発電の問題について発表しました。

主催者の了解を得てオンライン学習会の録画をアップします。またプレゼン資料をもアップしますので参考にしてください。

●IISORA第2回zoom勉強会
 日時  5月20日(木)午後6時~8時
 内容  飯舘村のバイオマス発電所事業計画の課題を考える
 講師  青木一政さん(ちくりん舎)
     和田央子さん(放射能ゴミ焼却を考えるふくしま連絡会)
 司会進行  糸長浩司(日本大学)

●録画:下記をクリックすると録画が見られます
 録画その1:和田央子さん「木質バイオマス発電を問う」
 録画その2:青木「バグフィルタをすり抜けて拡散する放射性微小粉塵」
 録画その3:ディスカッション

●和田央子さんのプレゼン「木質バイオマス発電を問う」資料はこちら

●青木のプレゼン「バグフィルタをすり抜けて拡散する放射性微小粉塵」はこちら
※当日の録画中のプレゼン資料の51pに誤りがありましたので差し替えています。

2021/05/20

ちくりん舎ニュース福島原発事故10年特別号を発行しました

ちくりん舎ニュース福島原発事故10年特別号を発行しました。

福島原発事故10年の現実 
続く汚染と内部被ばく 放射能ばらまきを止めるために

A4版 カラー 44ページ 

Photo_20210520161101
1部500円(他に郵送料実費が必要です)でお送りします。必要な方は必要部数・送付先・氏名を書いて下記へご連絡ください。

お問い合わせページはこちら
メール:lab.chikurin@gmail.com
TEL&FAX: 042-519-9378   

====はじめにより抜粋====

福島原発事故から10年、新型コロナ第四波が到来するなかで、政府は福島を起点に聖火リレーをスタートさせました。政府は「復興五輪」と称して原発事故の痕跡を隠ぺいし無かったことにしたいと必死です。原発事故被害者にとって、「オリンピックどこでねえ」というのが本音でしょう。
・・・
福島原発事故10年を迎えるにあたり私たちは、測定データで事故10年後の福島の実態を明らかにしようと試みました。ハウスダスト(家庭の掃除機ごみ)調査と尿検査による内部被ばく調査の二本柱です。この調査は南相馬・避難20ミリシーベルト基準撤回訴訟原告の皆さんとの協同作業となりました。合わせて復興予算と放射能ばらまきの象徴ともいえる中間貯蔵施設見学ツアーを行いました。
本冊子は原発事故10年の福島の実態とちくりん舎の活動をより多くの人に理解していただくため、ちくりん舎ニュース特別号としてまとめたものです。福島の今を再確認し放射能ばらまきにストップをかけ脱原発の動きを加速化させる一助となれば幸いです。

====目次====

はじめに

第1部 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1
10年経っても続く深刻な汚染
ハウスダスト(家庭の掃除機ごみ)放射能調査から
資料 1 ハウスダスト調査一覧表 ・・・・・・・・ 4
資料 2 ハウスダスト汚染マップ ・・・・・・・・ 10
資料 3 ハウスダスト 中の セシウムの 水溶性 試験 ・ 14

第2部 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 16
原発事故10 年後の今も続く内部被ばく

第3部 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 23
住民置き去りの「復興」福島の今を知る中間貯蔵施設見学ツアー
ツアー参加者の感想

===============

« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »