December 2022
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 茨城県が避難所のスペースについて県民から意見募集 | トップページ | フクロウ通信第43号が発行されました »

2022/10/05

速報 規制委が率先して運転期間40年の撤廃に動く

みなさまへ

本日の規制委員会で、新任の山中委員長により、GX方針で問題となった原発の
運転期間の延長に関して、現行の運転期間40年の原子炉等規制法にある定めを
外すことを積極的に容認する動きがあったので急ぎお知らせします。

山中委員長は今日の規制委員会に資源エネ庁を呼んで、GX方針のうち、運転期
間延長について説明させました。説明は非常にわかりにくいものでしたが、運転
期間に停止期間を含めないことと、60年を超えて運転できるようにして欲しいと
の話をしていました。

エネ庁を退席させたあと、山中氏が委員に確認したのは「運転期間は政策上定め
られたものであって規制委が意見を述べる事項ではない」とする令和2年の文書
についてでした。委員はこれに変更はないと回答しました。
https://www.nra.go.jp/data/000323916.pdf

そのあと、山中氏がまとめの発言をしました。記者会見での話も含めると、以下
のようだったと思います。

・原子炉等規制法(規制委が所掌)では、運転期間の定めと高経年化した原発の
安全確認がセットで定められているが、このうち、運転期間について、エネ庁か
ら、推進側の(経産省が所掌の)法律に移す方針が示された(直接的にそのよう
な話はなかったように思いますが…)。

・運転期間については、令和2年の文書で、規制委が意見を述べる事項ではない
ことを既に確認している。

・規制委が所掌の原子炉等規制法から運転期間についての記載が抜けることにな
るが、それでも高経年化した原発の安全規制に支障をきたさないように法整備を
しなければならないので検討するよう規制庁に指示する。

規制委員会
https://www.nra.go.jp/disclosure/committee/kisei/010000766.html
定例会見
https://www.youtube.com/watch?v=fIl-EBWZ5CI

阪上 武(原子力規制を監視する市民の会)

« 茨城県が避難所のスペースについて県民から意見募集 | トップページ | フクロウ通信第43号が発行されました »

原発再稼動問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 茨城県が避難所のスペースについて県民から意見募集 | トップページ | フクロウ通信第43号が発行されました »