トップページ | 2014年1月 »

2013年11月

2013年11月18日 (月)

【緊急48時間署名】秘密保護法案に反対の一票を!有権者からを裏切らないで-48時間署名

超緊急拡散&署名願い

秘密保護法案に反対の一票を!有権者からを裏切らないで-48時間署名

みなさんのお力を。国会議員に届けます!一人でも多くの有権者の声を、国会議員に!! 超緊急の48時間署名です。

締切:11月20日(水)23:00
署名フォーム1:http://goo.gl/dq7I6E …PC用
署名フォーム2:https://pro.form-mailer.jp/fms/4da5988050661 …PCでも携帯でも(ただし、アクセス数が多くなると、パンクします)

-------------------------------------------------------------------
国会議員のみなさん、有権者はあなたを見ています 秘密保護法案に反対の一票を
-------------------------------------------------------------------

すべての国会議員のみなさん

党の方針がどうあれ、秘密保護法案に反対の一票を投じてください!
問題の多い秘密保護法案に多くの有権者が反対しています。
審議時間もまったく十分ではなく、与党の答弁はころころ変わっています。

たとえば、「TPP」は特定秘密の範囲かどうか政府の説明は二転三転していますが、これは特定秘密の範囲は政府の解釈次第であるということを示しています。

政府が恣意的に特定秘密の範囲を決める秘密保護法案は、たいへん危険なもので、民主主義の根幹を揺るがします。

国会の権限も損ね、罪刑法定主義にも反します。特定秘密に対する第三者機関も明記されていません。

法律は条文がすべてです。口約束で、「今後の改善」などという説明には到底納得できません。 国家安全保障と情報への権利に関する国際原則(ツワネ原則)にも大きく反します。有権者からの信頼を裏切らないでください。有権者は、あなたの行動をみています。 党の方針がどうあれ、本法案に「反対」の一票を投じてください。

------------------------------------------------------------------

いただいた署名は、国会議員に随時提出させていただきます。みなさまのお力をお貸しください。

呼びかけ:秘密保護法を考える市民の会

東京都新宿区下宮比町3-12-302

TEL/FAX:03-5225-7213 携帯:090-6142-1807
E-mail:XLA07655@nifty.com
ツイッター@kannamitsuta

【緊急行動】11月19日(火)朝8時~みんなの党(永田町駅前)前緊急アピール行動

超緊急行動のお知らせです

みんなの党が賛成にまわるとの報道が流れています。
19日の役員会で決めるということです

みんなの党とみんなの党の国会議員に対し、
秘密保護法案に賛成しないよう
有権者の声に従い、この法案に反対し廃案に追い込むようアピールします

緊急ですが是非ご参集ください

◆緊急アピール行動
◆11月19日(火)朝8:00~9:00
◆みんなの党(千代田区平河町)前
<地下鉄永田町5番出口…平河町ビル(都道府県会館の隣の隣)>
<千代田区平河町2-6-1>
◆呼びかけ:秘密保護法を考える市民の会
◆問合せ 090-8116-7155(阪上)

【FFTV緊急報告11/18】特定秘密保護法国会情勢報告・議員まわり報告

FFTV緊急報告 特定秘密保護法国会情勢報告・議員まわり報告
杉原浩司さん・議員まわり参加者のみなさん


【情勢報告】みんなの党の国会議員に要請を!危険な秘密法案に妥協はあり得ない!

東京の杉原浩司(「何が秘密?それが秘密」法に反対するネットワーク)です。

深夜に連投すみません。[転送・転載歓迎/重複失礼]

「秘密保護法案」をめぐる情勢は、いよいよ大詰めの1週間に突入しました。19日(火)午前に特別委員会での質疑、午後には2回目の参考人質疑が行われます。政府与党は、みんなの党、維新の会との「修正協議」をにらみながら、20日(水)にも委員会採決を強行し、21日(木)にも本会議採決=衆院通過を強行しようと狙っています。

現在、危険な「修正合意」への最短距離にいると思われるのが、みんなの党です。本日18日(月)夕方に、与党とみんなの党の「修正協議」が行われます。

みんなの党の国会議員リストを後半に付けました。大至急、出来れば昼間のうちに(その後でも構いません)、ファックスや電話でそれぞれの思いを伝えてください。一つひとつの要請が確実に力になります。

★例えば以下のようなメッセージを参考に、ご自分の言葉で大至急要請してください。

・「反対世論が日増しに高まり、慎重審議を求める声が圧倒的な中で、なぜ今、与党の暴走に手を貸す必要があるのですか?」

・「秘密保護法案は行政による情報統制を強化し、中央官庁の権限強化と権益拡大をもたらします。官僚支配の打破を掲げる貴党は、まずは正面から廃案を求めるべきです。中途半端な妥協は絶対にしないでください」

・「与党の補完勢力にだけはならないでください。しっかりと筋を通してください。ここで与党の補完勢力になってしまえば、貴党の存在意義は大きく失われます」

・「貴党の修正案は、官僚の裁量により、幅広い情報を秘密に指定できるという法案の骨格を修正するものにはなっていません。小手先の修正で妥協すれば、支持者や有権者の信頼を裏切ることになります」

・「『みんなだけで十分だ。一部の野党が賛成するなら採決が楽になる』との公明党幹部の発言(11月16日、時事)が報じられています。そうまで言われて、やすやすと与党の思惑に乗っかるのですか?」

・「これほど短期間の審議で成立させるのは、無責任です。今国会中に成立させることだけは避けてください」

・「本日15日に公表された日弁連による『特定秘密保護法案に反対し、ツワネ原則に則して秘密保全法制の在り方を全面的に再検討することを求める会長声明』を積極的に検討し、小手先の修正ではなく、抜本的な再検討こそを求めてください」
http://www.nichibenren.or.jp/activity/document/statement/year/2013/131115.html

・「拙速な修正協議の前に、中央・地方公聴会を必ず実現してください」

・「世論の期待に応えて、野党が結束して廃案を要求してください」

---------------------------------------

【みんなの党・国会議員一覧】

◆渡辺喜美(代表/衆院・栃木)
(FAX)03-3508-3906 (TEL)03-3508-7426
(メール) yoshimi@nasu-net.or.jp

◆浅尾慶一郎(幹事長/衆院・神奈川)
(FAX)03-3508-3521 (TEL)03-3508-7251
(メール) http://asao.net/contact/

◆水野賢一(政調会長・参院国対委員長/参院・千葉)
(FAX)03-6551-0519 (TEL)03-6550-0519
(メール) office@mizunokenichi.com

◆山内康一(修正協議担当、幹事長代理、衆院国対委員長/衆院・比例北関東)
(FAX)03-3508-3520 (TEL)03-3508-7250

◆松田公太(筆頭副幹事長/参院・東京)
(FAX)03-6551-1215 (TEL)03-6550-1215

青柳陽一郎(衆院・比例南関東)
(FAX)03-3508-3515 (TEL)03-3508-7245

井出庸生(修正協議担当/衆院・比例北陸信越)
(FAX)03-3508-3299 (TEL)03-3508-7469

井坂信彦(衆院・比例近畿)
(FAX)03-3508-3250 (TEL)03-3508-7620

江田憲司(衆院・神奈川)
(FAX)03-3508-3292 (TEL)03-3508-7462

大熊利昭(衆院・比例東京)
(FAX)03-3508-3827 (TEL)03-3508-7027

柏倉祐司(衆院・比例北関東)
(FAX)03-3508-3917 (TEL)03-3508-7437

小池政就(衆院・比例東海)
(FAX)03-3508-3365 (TEL)03-3508-7485

佐藤正夫(衆院・比例九州)
(FAX)03-3508-3430 (TEL)03-3508-7130

椎名毅(衆院・比例南関東)
(FAX)03-3508-3982 (TEL)03-3508-7602

杉本和巳(衆院・比例東海)
(FAX)03-3508-3406 (TEL)03-3508-7106

中島克仁(衆院・比例南関東)
(FAX)03-3508-3903 (TEL)03-3508-7423

畠中光成(衆院・比例近畿)
(FAX)03-3508-3514 (TEL)03-3508-7244

林宙紀(衆院・比例東北)
(FAX)03-3508-3434 (TEL)03-3508-7134

三谷英弘(衆院・比例東京)
(FAX)03-3508-3426 (TEL)03-3508-7119

井上義行(参院・比例)
(FAX)03-6551-0816 (TEL)03-6550-0816

江口克彦(参院・比例)
(FAX)03-6550-0054 (TEL)03-6550-1002

小野次郎(参院・比例)
(FAX)03-6551-0620 (TEL)03-6550-0620

川田龍平(参院・比例)
(FAX)03-6551-0508 (TEL)03-6550-0508

行田邦子(参院・埼玉)
(FAX)03-6551-0614 (TEL)03-6550-0614

柴田巧(参院・比例)
(FAX)03-6551-0822 (TEL)03-6550-0822

寺田典城(参院・比例)
(FAX)03-6551-0920 (TEL)03-6550-0920

中西健治(参院・神奈川)
(FAX)03-6551-1102 (TEL)03-6550-1102

藤巻幸夫(参院・比例)
(FAX)03-6551-0408 (TEL)03-6550-0408

松沢成文(参院・神奈川)
(FAX)03-6551-0903 (TEL)03-6550-0903

真山勇一(参院・比例)
(FAX)03-6551-0320 (TEL)03-6550-0320

薬師寺道代(参院・愛知)
(FAX)03-6551-1012 (TEL)03-6550-1012

山口和之(参院・比例)
(FAX)03-6551-1113 (TEL)03-6550-1113

山田太郎(参院・比例)
(FAX)03-6551-0708 (TEL)03-6550-0708

渡辺美知太郎(参院・比例)
(FAX)03-6551-0303 (TEL)03-6550-0303

和田政宗(参院・宮城)
(FAX)03-6551-1220 (TEL)03-6550-1220

◆みんなの党 所属議員ツイッター
http://www.your-party.jp/special/twitter.html

2013年11月17日 (日)

【情勢報告】秘密保護法成立を狙う与党のシナリオ…みんな・維新へのはたらきかけを!

東京の杉原浩司(福島原発事故緊急会議/緑の党・脱原発担当)です。[転送・転載歓迎/重複失礼]

稀代の超悪法「秘密保護法案」の成立を狙う与党のシナリオがはっきりしてきました。時事通信は、「与党は20日に委員会で法案を採決した後、21日に衆院本会議で可決させる日程を描く」と伝え、「みんなだけで十分だ。一部の野党が賛成するなら採決が楽になる」との公明党幹部の声を紹介しています。

秘密保護法案採決へヤマ場=修正協議が焦点-国会(11月16日、時事)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2013111600177

秘密保護法案「修正なければ賛成困難」 維新幹部
(11月16日 19:18、日経)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS16017_W3A111C1PE8000/

【YouTube】2013/11/15 自民・みんな特定秘密保護法修正協議(約10分)
http://www.youtube.com/watch?v=I-8vao4KBKw&feature=youtu.be

週明け18日(月)には与党とみんな、与党と維新との「修正協議」がそれぞれ行われる予定です。そして、19日(火)には9時~12時に衆院特別委員会質疑、14時(予定、本会議終了後)~17時20分に2回目の参考人質疑が行われます。

来週は本当に正念場となります。来週中の衆議院通過を阻むことが出来れば、今国会成立を食い止める道が開けてくると思われます。11月21日、日比谷野音での大集会&国会請願デモ( http://himituho.com/ )の重要性が高まっています。

★具体的なプレッシャーこそが必要です。週末中にぜひ、みんな、維新のーパーソンらにファックス、メールを集中してください!

【大緊急】みんな、維新に今すぐ要請を!秘密法で妥協するな!
http://bit.ly/1dwmkqD

【関連資料】

<日弁連会長声明>

「特定秘密保護法案に反対し、ツワネ原則に即して秘密保全法制の在り方を全面的に再検討することを求める会長声明」(11月15日)
http://www.nichibenren.or.jp/activity/document/statement/year/2013/131115.html

2013年11月15日 (金)

【情勢報告】風雲急!「秘密法案」修正協議を許さず、あくまで廃案を!

維新の会などに働きかけを! 15日(金)の委員会審議の傍聴を!

東京の杉原浩司(「何が秘密?それが秘密」法に反対するネットワーク)です。 稀代の超悪法「秘密保護法案」の衆院委員会審議は、本日15日(金)も、9時~12時、13時30分頃~17時という計6時間半のフルコースです。 自公与党側は、来週18日(月)にも2回目の参考人質疑を入れ、早ければ21日(木)、遅くとも22日(金)に衆議院を通過させようとしています。22日までが事実上、最大のヤマ場だと思います。 政府与党は、維新の会との「修正協議」を重ねており、本日15日にも協議が行われます。

秘密保護法案 第三者機関設置は課題 <各党の動きをよく伝えています> (11月14日 19時31分、NHK、動画も) http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131114/k10013066621000.html

秘密期間「原則30年」提案へ 保護法案修正協議で与党 (11月14日、中国新聞) http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201311140109.html

以下は、現在の情勢について参考になると思った報道です。

【14日夜のテレビ朝日「報道ステーション」より】

細川隆三(報道ステーション・政治担当デスク) 「ただでさえ審議すればするほど問題点が出てきますし、世論の後押しもなかなか期待できませんので、(政府与党は)今の国会でのスピード成立がベストと見ています。」「継続審議にすると、審議再開は(通常国会での)予算成立後の4月になります。ちょうど消費税が上がりますから、経済状況によっては秘密保護法案どころではなくなる懸念があるんです。森大臣の『法案成立後の見直し』発言も、とにかく急げという姿勢を裏付けています。」「まだ衆議院での審議真っ最中に法案に『欠陥あり』と認めたことになりますから、筋から言えば出し直しです。政府与党が前のめりの姿勢を続ければ、世論は追いつこうにも追いつけません。」

【11月14日(木)京都新聞2面より抜粋】

「野党の賛同を得ようと懸命なのには理由がある。国民の「知る権利」を侵害する恐れなどが指摘される法案を野党が反発する中、強引に採決したと国民の目に映れば「内閣支持率はあっという間に落ちる」(自民党ベテラン)との危機意識があるからだ。」「自民党幹部は「修正によって日本維新だけでも賛成すれば、審議を尽くした形になる。与党の責任は果たせる」と協議の行方に期待を寄せた。」

こうした中、現在の局面では、維新の会への働きかけを最優先すべきだと思います。

★維新の会で「修正協議」にあたっている藤井孝男議員に、例えば以下のようなメッセージを添えて、ご自分の言葉で大至急要請してください(出来ればファックスか電話がベター、メールでもOKです)!

・「世論が今国会での強引な成立に反対する中、自公の与党に維新だけが追随する構図でいいのですか?」
・「与党の補完勢力にだけはならないでください。維新として筋を通してください。」
・「ここで与党の補完勢力になってしまえば、維新は存在意義を完全に失うでしょう」
・「反対世論が日増しに高まり、慎重審議を求める声が圧倒的な中で、なぜ維新は与党の暴走に手を貸す必要があるのですか?」
・「修正協議の前に、中央・地方公聴会を必ず実現してください」
・「世論の期待に応えて、まずは野党が結束して廃案を要求してください」

<維新の会のキーパーソン>

◆藤井孝男 [比例・東海] (国会議員団総務会長、衆院特別委員会理事=修正協議を担当) (FAX)03-3508-3815 (TEL)03-3508-7015
[ご意見・お問い合わせ] http://www.55fujii.com/toiawase/toiawase.php

そのうえで、みんなの党、民主党に対しては、 ・「修正協議に進む前に、中央公聴会、地方公聴会を必ず実現させてください!」 ・「世論の期待に応えて、まずは野党が結束して廃案を要求してください」 などの声をぜひ届けてください。公聴会の開催は、既に特別委員会の理事会の場で野党が要求していますが、まだ力不足なようです。市民の後押しが必要です。公聴会は、本来必要であると同時に、与党の横暴を食い止める重要な切り札です。

★そして、本日15日(金)も委員会審議の傍聴を呼びかけます。

【11月15日(金)】衆議院 国家安全保障に関する特別委員会 [8:40~ 理事会]

自民 2時間5分(9:00~11:05)
公明 25分(11:05~11:30)
民主 30分(11:30~12:00)
休憩(本会議散会後、直ちに再開)
民主 1時間(13:30~14:30)
維新 1時間30分(14:30~16:00)
みんな 30分(16:00~16:30)
共産 15分(16:30~16:45)
生活 15分(16:45~17:00)

◆衆議院インターネット審議中継 → http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php

★傍聴を希望される方は、本日【15日(金)の朝7時まで(厳守)】に、杉原までメールか、電話で、【お名前とご職業と電話(あれば携帯電話)番号】をお知らせください。なお、午後のみ傍聴される方は、その旨を必ずお知らせください。(傍聴手続きは、照屋寛徳衆議院議員事務所にお願いしています) そのうえで、15日(金)【朝8時40分までに、衆議院議員面会所(国会議事堂前駅すぐ、衆議院第一議員会館の道路はさんで向かい)のロビー】にお集まりください。

杉原浩司 (E-mail) kojis@agate.plala.or.jp(携帯) 090-6185-4407

<11・21日比谷野音大集会へ!http://www.himituho.com/

【15日に行われる行動です】

◆STOP!秘密保護法 アピール行動 11月15日(金)14時~15時、衆議院第二議員会館前 主催:秘密保護法を考える市民の会

◆11月15日(金)16時~17時 衆議院第2議員会館 第5会議室で 「女性たちは秘密保護法に反対する」記者会見 荻原博子、神田香織、雨宮処凛、土井香苗、澤井正子、池田香代子、 香山リカ、鎌中ひとみ、小宮山泰子、福島みずほ

◆11月15日(金)官邸前抗議行動 15時半~17時    首相官邸前 20時半~21時半 首相官邸前 呼びかけ:プロジェクト99%&火炎瓶テツと仲間たち

【告知:みんなのアクション】☆市民500人で国会へ行こう☆STOP!!秘密保護法みんなのアクション

☆市民500人で国会に行こう!☆STOP!秘密保護法みんなのアクション

早ければ、早ければ21日(木)にも衆議院を通過! 国会議員に私たちの「ノー!」を伝えましょう。 「市民500人で国会に行こう!☆STOP!秘密保護法案」は、下記のスケジュールで継続します!

議員まわり 第五弾 ◆11/11(月) 15:00~17:00 終了
議員まわり 第六弾 ◆11/13(水) 15:00~17:00 終了
議員まわり 第七弾 ◆11/14(木) 15:00~17:00 終了
議員まわり 第八弾 ◆11/18(月) 15:00~17:00

議員まわり 集合:参議院議員会館ロビーに15時

最初の30分は打ち合わせにあてます。 資料はこちらで用意しますが、みなさまのオリジナルも歓迎です。

◆呼びかけ:秘密保護法を考える市民の会 東京都新宿区下宮比町3-12-302 TEL:03-5225-7213 E-mail:XLA07655(アット)nifty.com ※(アット)を@に変えてください。
携帯:090-8116-7155/090-8116-7155

2013年11月14日 (木)

【FFTV:ネット放送】必見!★FFTV★にて秘密保護法特集…ゲスト:山下幸夫弁護士

あのFFTV(フクロウ・FoEチャンネル)で秘密保護法特集!
ゲストはなんと、山下幸夫弁護士 秘密保護法のやばさを語り尽くします!

【告知:みんなのアクション】明日は衆議院第二議員会館前でアピール行動!

☆市民500人で国会へ行こう!☆ <STOP!秘密保護法みんなのアクション関連企画>

連日市民による国会議員回りが行われていますが 明日15日(金)は アピール行動を行います! 場所は 衆議院第二議員会館前 14時~15時です!

◆11月15日(金)14:00~15:00
◆衆議院第二議員会館前
◆主催:秘密保護法を考える市民の会

ふるってご参加ください!

明日は、絶対STOP 特定秘密保護法案!官邸前アクションもあります!

第一部 15時半~17時
第二部 20時半~21時半(予定)

よびかけ: project99% & 火炎瓶テツと仲間たち

【プロフィール】秘密保護法を考える市民の会:さいしょの一歩

がはくががはは

突然決めて即動き出しました。

普段は原子力規制委員会に対して再稼働反対を訴えている面々が、秘密保護法の問題は、脱原発を求める私たちにとっても人ごとではない、平和・人権を守る運動と共通の課題として取り組もうと、10月20日のフクロウカフェの場で話し合い、その場で会を結成、翌日スタートの3日連続街頭シール貼り投票から怒濤の日々が始まりました。

シール貼り投票から始めたのは、秘密保護法について、そもそも知らない人が多いのではないか、知らない人に知ってもらうにはこのやり方が一番だと思ったからです。

21日大井町駅頭、22日多摩センター駅頭、23日上野駅頭で行いましたが、賛成が少なく、反対が多いのですが、反対と同じくらい、わからないが多くありました。やはり法案そのものが知られていません。私たちは院内集会でこの結果を報告し、国民が知らぬ間に閣議決定されてしまうことも問題だと訴えました。

25日の閣議決定の日は、朝8時半から、閣議が行われる官邸前でアピール行動を行いました。80名が集まり、閣議に向かう黒い高級車に対しコールを繰り返しました。

週明け31日にもう一度シール貼り投票を高田馬場駅頭で行いましたが、報道も増えてきた中で、若干ですが、わからないが減って反対が増えました。 11月に入って、法案の審議入りが近いということで、活動を国会議員事務所まわりに切り替えました。

市民500人で国会へ行こう!と銘打ち、11月5日から8日まで4日間連続の議員事務所まわりを行いました。6~8名のグループで、多くの市民が反対していることを訴えました。

多彩な市民が集まりました。議員事務所まわりなどはじめてだという人が多く、参加者は日増しに増えていきました。地方から参加された方は、地元の議員を中心にまわりました。地元から来たことを告げると態度が変わり、非常に友好的に話ができます。

国会議員は、週末は地元の選挙区に帰ります。是非地元の議員事務所を訪問して、秘密保護法反対の声を伝えていただければと思います。今国会での成立を阻止すべく、さまざまな手を尽くしていきましょう。がんばりましょう。

秘密保護法を考える市民の会

東京都新宿区下宮比町3-12明成ビル302号
TEL:03-5225-7213 FAX:03-5225-7214 

トップページ | 2014年1月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31