10 声明・要請書・質問書

2007年10月25日 (木)

福島県へ東電の「概略影響検討」と活断層評価について要請

柏崎刈羽原発における観測データによる福島第一・第二原発の概略影響検討結果報告書及び東京電力の活断層評価に関する要請書

福島県への要請書をダウンロード

2007年10月25日
福島県知事 佐藤 雄平様

脱原発福島ネットワーク
みどりと反プルサーマル新潟県連絡会
ストップ・ザ・もんじゅ東京
福島老朽原発を考える会

 東京電力は,9月20日に「柏崎刈羽原子力発電所における観測データを基に行う原子力発電所の主要施設への概略影響検討結果報告書」を提出し,「検討の結果からは,福島第一原子力発電所および福島第二原子力発電所の「止める」「冷やす」「閉じ込める」ための安全上重要な設備において,安全機能は維持されるものと考えております。」と結論しています。しかし,この検討では,適切ではない地震動を敢えて入力しています。また限られたやり方にしろ,その結果は,安全性が確認されるものではなく,それどころか福島第一および第二原発が,地震に対して非常に脆弱であり,危険な機器や配管が数多く存在することを示しています。
 また,中越沖地震についての専門家の調査により,東京電力がこれまで行った海底活断層の評価において「値切り」を行っていた事実や,原発立地地域の地殻変動評価を誤っていた事実が明らかになっています。東京電力の活断層評価は全く信用ができません。

1.「概略影響検討」では適切でない地震動を検討している

 東京電力は,柏崎刈羽原発の基礎版上で観測された床応答スペクトルを福島第一および第二原発の基礎版上の設計用の床応答スペクトルと比較検討しています。しかし柏崎刈羽原発の場合,基礎版と岩盤の間には200メートル以上の軟岩層があり,基礎版での観測された地震波は岩盤から減衰している上に,応答スペクトルは長周期側に卓越した形をしています。原発ごとの地盤の特性の違いを考慮するならば,耐震設計審査指針のやり方に従い、原発の基礎版上から出発するのではなく,岩盤の解放基盤表面における地震動から出発して検討すべきです。中越沖地震により,柏崎刈羽1号機の解放基盤表面に近い地下250メートルでは最大加速度993ガルが観測されています。解放基盤表面のはぎとり波は1000ガルを超えているでしょう。これの詳しい記録はメモリ不足で失われたとされていますが,東京電力は,サービスホールでの観測データや余震データを用いて,解放基盤表面の応答スペクトルを再現するとしています。これを福島第一および第二原発の解放基盤表面に入力し,それから基礎版上や各階の床応答スペクトルを導くのが原則的な方法ではないでしょうか。
 また,地震により機器や配管に生じる力等の応答値を知るには,その機器や配管のある階の床応答スペクトルについて検討が必要ですが,東京電力が今回行った評価はすべて,基礎版上の床応答スペクトルを用いています。その意味でも,今回の検討結果は信頼に足るものではありません。

2.福島第一・第二原発の地震に対する脆弱性が明らかに

 「概要影響検討」の限られたやり方からでも,福島第一および第二原発が地震に対し非常に脆弱であることが示されます。
 多くの機器・配管で,柏崎刈羽原発の基礎版上での応答値が,福島第一および第二原発のS2による応答値を上回りました。M6.8の中規模地震による揺れが,万が一のために想定した設計用限界地震から策定したS2の応答値をあっさりと上回ったことは,耐震評価の根本が崩れたことを意味するのではないでしょうか。
 さらに,検討結果によると,柏崎刈羽原発の基礎版上での応答値が,機器・配管が破損する限界であるS2許容値に迫るものも多く見られます。しかも,福島第一および第二原発の場合,β(=S2許容値/S2応答値)の算出にあたり,地震力だけをとりだして比をとっている機器・配管がいくつもあります。他の原発ではこのようなことは行われていません。これを他の原発と同様のやり方で計算し直すと,α(=柏崎刈羽原発の基礎版上での応答値/S2応答値)がβ(=S2許容値/S2応答値))を上回ってしまいます。東京電力はこれを避けるために,他の原発とは異なる計算方法を用いているのです。
 例えば福島第二4号機の主蒸気系配管は,βの算出にあたっては地震力だけで比をとった旨の注意書きがあり,α=2.51,β=3.27となっています。ここから,観測値が許容値を下回っていると評価しているのですが,これを他の原発と同様に,地震力以外の力も含めた形で比をとると,α=2.51,β=2.16となり,逆転してしまいます。
 このような箇所が他にもあり,しかもやり方を変えて計算しても,柏崎刈羽原発の基礎版上での応答値がS2許容値に接近しているのです。このことは,福島第一および第二原発が,地震に対し非常に脆弱であることを示しています。「安全余裕」などないのです。しかも東京電力が検討した部位は限られています。最も脆弱といわれる再循環系配管は検討の対象にはなっていません。現実には,許容値を上回る機器・配管が数多く存在するのではないでしょうか。
 また制御棒の挿入性については,福島第一1~5号機において、αがβを上回り,ステップ1において,許容値を上回ったという結果が出ています。柏崎刈羽原発7号機では,地震後の点検の際に,制御棒が抜けなくなるという事態が発生しています。

Gairyakuhyou

(表はクリックすると大きくなります)

3.東京電力の活断層評価は全く信用できない

 東京電力は,中越沖地震を受けて,活断層の再調査と再評価を行うとしています。しかし,その前に問題とすべきは,東京電力がこれまで行った活断層評価において「値切り」を行っていた事実とその責任です。
 中越沖地震を起こしたとされる海底活断層について,中田広島工大教授ら変動地形学の専門家は,柏崎刈羽原発の沖合に36kmにも及ぶ海底活断層があるとし,これが,「東電の設置許可申請書(公開版)に掲載された資料から容易に推定されるものであるが、原発設計時には全く考慮されていなかった。」としています。東京電力は1980年頃に行った調査によりこの活断層を見つけていましたが,4つに切り刻んだ上で,長さ約1.5~8kmに縮め,評価対象から外していました。東京電力は,9月20日に行われた市民との交渉の場で,「1980年の当時は,しゅう曲やとう曲から活断層を推定する知見がなかった」と述べています。しかしこれを専門家に聞くと誰もが否定します。評価の対象外となる8km以下に故意に切り縮めたとしか考えられません。1994年に刊行された佐渡南方海洋地質図(地質調査所)では,この活断層の長さを25kmと評価し,東京電力はこれを2000年に認識していましたが,再調査を怠り,原子力安全委員会も指示を出しませんでした。
 また,陸域については,原発敷地での隆起と周辺の沈降が確認され,活しゅう曲の成長が確認されていますが,東京電力はこのしゅう曲を,最近では新指針に対応するため昨年からはじまった調査で再確認したばかりですが,しゅう曲は活しゅう曲ではない,「12~13万年前に形成された安田層以降の構造運動はない」と,9月20日の交渉の場でも断言していました。このような東京電力による活断層評価を信用することはできません。
 福島第一および第二原発で問題となる双葉断層について,東京電力は約70kmのうち,北側18kmしか活断層と認めていません。しかし東京電力が切り捨てた南端部で第二原発から近くでもM6.8の地震が記録されています。双葉断層が全面的に再活動すれば,計算上M7.9の大地震が発生するとされています。福島県沖の海底活断層についても「値切り」が行われている可能性があります。福島県沖地震は,M7.2~8.4の大きな規模で繰り返し発生しています。

 以上を踏まえ,以下の事項につき要請いたします。

要 請 事 項

1.9月20日付「概略影響検討結果報告書」は適切でない地震動による検討であるため,柏崎刈羽原発の解放基盤表面における地震動を用いて評価をやり直すよう,東京電力に要請してください。

2.限られた手法に基づく結果でも,福島第一および第二原発の多くの機器・配管において,柏崎刈羽原発での観測値が,S2の応答値を上回ったことは,従来の耐震評価の根本が崩れたことを意味します。直ちに原発を止めて福島第一および第二原発の耐震安全性評価をやり直すよう東京電力に要請してください。

3.限られた手法に基づく結果でも,福島第一および第二原発において,柏崎刈羽原発での観測値が,破損の限界を意味するS2の許容値に迫る機器・配管が存在し,検討部位が限られていることから,現実には許容値を上回る機器・配管が存在する可能性が示されました。このような機器・配管を持つ原発を直ちに止めるよう東京電力に要請してください。

4.東京電力の活断層評価は全く信用できません。再調査,再評価の前に,過去の活断層の「値切り」について事実関係と責任を明らかにさせてください。双葉断層や原発周辺および福島県沖の海底活断層の調査と評価については,原子力に関係しない機関が行うようはたらきかけてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 3日 (月)

坂本龍一さんらが「おやすみなさい,柏崎刈羽原発」WEB署名スタート

坂本龍一さんを中心に新たなウェブ署名がはじまりました。
https://www.sitesakamoto.com/unplug_kariwa/index.php

柏崎刈羽原発の運転再開は危険です。

柏崎刈羽原発の周辺には、大きな地震を引き起こす活断層が存在しています。
しかし、その調査が十分に行われないままに、原発は建設されました。原発の耐震設計の基準値は、現実に起こった地震をはるかに下回っているようです。また、火事を起した配電施設を始め、多くの関連施設は岩盤の上ではなく、柔らかい地面の上に建設されています。

今回の地震で、老朽化が懸念されていた一号機を始めとして、七基すべての原発およびその関連施設が損傷を負いました。原発の敷地そのものが大きな隆起、沈下を起こし、デコボコになっている箇所もあります。目視では確認できないヒビやゆがみを含め、原子炉の主要な機器・配管にも損傷が及んでいる可能性があり、再び地震に襲われれば、より重篤な事故を起しかねません。

周辺の活断層が今後、さらに大きなマグニチュード8に達する地震を引き起こす可能性も示唆されています。施設がどれほど修復されたとしても、地下の活断層を取り除くことは出来ません。
取り除けない不安を無視して、柏崎刈羽原発が再び稼動すれば、それは不安の連鎖を引き起こし、社会に必要な信頼を失わせるのではないでしょうか。

柏崎刈羽原発がこのまま静かに役目を終わらせることを私達は望みます。

続きを読む "坂本龍一さんらが「おやすみなさい,柏崎刈羽原発」WEB署名スタート"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月26日 (木)

声明(福島老朽原発を考える会)

新潟県中越沖地震と柏崎刈羽原発での事態に際しての声明

柏崎刈羽原発の原子炉設置許可を取消し閉鎖せよ
耐震性が疑わしい福島第一,第二原発を直ちに停止せよ
脱原発へ大きく舵を切るきっかけにしよう


2007年7月25日
福島老朽原発を考える会


 新潟県中越沖地震により,柏崎刈羽原発は大きな被害を受けた。排気筒からは放射性ヨウ素を含む放射能が排出された。ヨウ素の放出は燃料棒が破損した可能性を示唆する。東電はこの点につきデータを明らかにしていない。使用済核燃料プールの放射能を含む水が1.2トンも海に放出された。放射能放出がリアルタイムで住民に伝えられることはなかった。誰も消そうとしない火災の様子をテレビで見るしかなかった。東電の防災はまるでなっていなかった。東電の情報隠蔽体質が,現実に住民を不安と危険に陥れた。

 原発敷地内は大きくうねり,あちこちに亀裂が入っている。原子炉建屋の機器・配管等にも相当な被害が生じていると予想されるが,内部はまだ一部しか明らかにされていない。原子炉はクレーンが損傷し,蓋が開けられない状態にある。東電勝俣社長は,原子炉本体はびくともしなかったと言っているが,一体どうやって開けられぬ蓋の中身を確認したのか。さらに今回の事態を「いい体験にしたい」と言っている。住民を愚弄するのもいい加減にして欲しい。

 今回の地震を引き起こした活断層が,柏崎刈羽原発の敷地直下に伸びていることが明らかになった。東電自らがホームページで述べているように,また,原発の立地審査指針からも明らかなように,原発は活断層の直上に建ててはならない。柏崎刈羽原発はそもそも立地してはならない原発であった。

 さらに,問題の活断層について,東電は原発の設置許可申請に際しての調査で,これを発見していながら,4つに切り分けた上でさらに長さ約8kmに切り縮め,他の活断層に比べて敷地に与える影響が少ないとして設計には考慮していなかったことが明らかになった。東電の申請書にある海底地形図を専門家が再評価すると,断層はつながっており,最大で約36kmに及ぶという。また,産業技術総合研究所地質調査総合センターは1994年にこの断層約20kmと評価しており,東電はこれを2000年には確認していたが,設計をやり直すことはなく、放置していた。

 東電は一貫して活断層を隠し,切り縮め,無視してきた。地元の反対運動は,原子炉設置許可取消裁判を通じて,長年にわたり東電を批判し,論争を続けてきた。運動側は,原発直下,周辺の断層が活断層であること,中越地域全体が地殻変動を起こしていること,新たに見つかった活断層を含め,切り縮めるのではなく,一体のものとして評価すべきであることを訴えてきた。地震は,大きな犠牲を払いながらも,運動側の正しさを,東電のでたらめを,誰の目にも疑いようのない形で証明した。請求を棄却した東京高裁の事実認定は誤っていた。地震が「想定外」だったというのは東電の言い分である。運動側から見れば,地震は起こるべくして起きた「想定内」のものであった。柏崎刈羽原発は設置許可が取り消されて当然である。国は直ちに取り消せ。東電はこれを返上せよ。柏崎刈羽原発は閉鎖すべきである。

 柏崎刈羽原発で観測された揺れは、原発に基準地震動S2が襲った場合の設計値を大きく上回った。1号機で約2.5倍の680ガル,2号機では約3.6倍の608ガルを記録した。上下動も激しく,6号機では488ガルを記録した。S2はS1と異なり,機器の変形を覚悟し,それでも壊れないことを確認するための基準地震動である。S2を大きく超えたということは,再使用が保証できない揺れが襲ったということである。柏崎刈羽原発はその意味でも二度と使用されるようなことがあってはならない。

 さらに,設計値とのこれだけ開きは,直下地震の想定が甘かったというだけでは説明がつかない。想定した地震から地震動を推定する評価方法に大幅に過小評価があったことは疑いない。同じ評価方法が全国の原発で使われている。過小評価は地震の度に問題になっていた。2004年三陸南地震,2005年宮城県沖の地震が襲った女川原発で想定を超えた。金沢地方裁判所は昨年,耐震性の不備を理由に志賀原発2号機に運転差止の判決を下した。その志賀原発を今年能登沖地震が襲ったが,やはり想定を超える揺れであった。今回の地震は改めて,耐震設計の根本が誤っていたことを明らかにした。

 国内の原発でも最も基準が甘い福島第一,第二原発も危ない。近くには双葉断層が走っているが,東電はこれも切り縮め,一部しか考慮していない。福島第一,第二原発についても直ちに停止の措置をとるべきである。福島第一3号機については,検査偽装が明らかになったことを受けて,繰り上げて定期検査にはいる予定だったものを,繰り下げ夏場に使おうとしている。とんでもない話である。

 柏崎刈羽原発の電気を使用しているのは首都圏である。電気はすべて首都圏に送られ,地元には危険と不安と被害だけが集中する。このような状況を脱する機会が訪れた。7機すべてが停止しても,首都圏で停電が起こることはなかった。今回の事態を脱原発に向けて大きく舵を切るきっかけにしていこう。

<連絡先>〒162-0825 東京都新宿区神楽坂2-19銀鈴会館405号AIR気付
TEL03-5225-7213 FAX03-5225-7214
福島老朽原発を考える会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月25日 (水)

共同声明(グリーン・アクション/美浜の会)

共 同 声 明

中越沖地震によって生じた柏崎刈羽原発の予想外の事実により原発の耐震安全性の評価・審査は崩壊した
関電の全ての原発を即刻停止するよう要求する

http://www.jca.apc.org/mihama/kanden/seimei070720.htm

グリーン・アクション/美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会

| | コメント (0) | トラックバック (0)