« 浜岡原発裁判判決の注目点 | トップページ | 福島県へ東電の「概略影響検討」と活断層評価について要請 »

2007年10月22日 (月)

浜岡裁判勝訴直前集会に報道陣30人

21日に行われた浜岡原発裁判勝訴直前集会にご参加いただきありがとうございました。集会には50名近くの方にご参加いただいたのですが,その他に新聞記者やテレビクルーなど報道関係者が30名近く来場して,おかげで賑やかな集会となりました。

テレビはTBSと静岡朝日放送の2社。TBSは集会終了時の17時のニュースに早速流れていました。以下はTBSのWebにあがっていたものです。判決は26日です。

1021tbs

浜岡原発訴訟、判決控え原告団が集会

「東海地震の想定震源域にある、中部電力・浜岡原子力発電所に対し、運転の差し止めを求めている訴訟の原告団が、今月26日の判決を前に東京で集会を開きました。
  静岡県御前崎市にある浜岡原発は、東海地震の想定震源域の真ん中にあり、裁判では、国が想定した東海地震のモデルや耐震設計の妥当性などが大きな争点となっています。
 21日の集会には原告団の市民や弁護士ら50人ほどが参加、「中越沖地震はM6.8で柏崎刈羽原発が被害を受けたが、東海地震はM8程度が想定されている」「複数の個所でトラブルが同時に起きる事態の安全性が想定されていない」などと訴えました。
 静岡地裁の判決は今月26日の「原子力の日」に言い渡されますが、今回の裁判は同時に仮処分の決定も出されるため、決定の内容次第では、判決の確定を待たずに原発の運転が止まる可能性もあります。(21日16:34) 」

|

« 浜岡原発裁判判決の注目点 | トップページ | 福島県へ東電の「概略影響検討」と活断層評価について要請 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浜岡裁判勝訴直前集会に報道陣30人:

« 浜岡原発裁判判決の注目点 | トップページ | 福島県へ東電の「概略影響検討」と活断層評価について要請 »