« 2007年10月27日 (土) | トップページ | 2007年11月26日 (月) »

2007年11月15日 (木)

柏崎刈羽原発の解放基盤表面での地震波(はぎとり波)は地中のおよそ2倍

東京電力がようやく一部公表した耐震計算書に,柏崎刈羽原発の解放基盤表面での地震波(はぎとり波)が同じ深さの地中の地震波のおよそ2倍であることを示す資料が見つかりました。中越沖地震による最大加速度が1000ガルを大幅に超えるのは必至ではないかと思い,4ページの説明資料を作りました。ファイルは図表が入っていますのでこちらをご覧ください。

ファイルをダウンロード

********************************

柏崎刈羽原発の解放基盤表面での地震波(はぎとり波)は地中のおよそ2倍
中越沖地震による最大加速度が1000ガルを大幅に超えるのは必至!
-東京電力がようやく一部公表した耐震計算書より明らかに-

2007年11月15日
福島老朽原発を考える会

 東京電力本店原子力情報コーナーを通じ,8月9日付けで柏崎刈羽原発の耐震設計の詳細設計資料(3号機の工事計画認可申請書のうち建屋や機器・配管関係の耐震性についての計算書等)の公開請求をしていたところ,10月30日にその一部(原子炉建屋とタービン建屋の耐震性についての計算書)の閲覧が可能になったとの連絡を受けた(機器・配管関係は年内をめどにとのこと)。開示された資料の閲覧,コピーに出向いたところ,原子炉建屋の耐震性についての計算書から,柏崎刈羽原発における解放基盤表面における地震波が,同じ深さの地中における地震波のおよそ2倍となることを示す資料が見つかった。

 耐震設計では,基準地震動S1,S2を解放基盤表面に入力する。解放基盤表面とは,原発敷地において一定以上の固さをもつ地中の地盤の上部を仮想的にはぎとった表面であり,この表面における地震波を「はぎとり波」という。原発の耐震設計における地震動の想定の妥当性を確認するためには,この「はぎとり波」と基準地震動を比較しなければ意味がない。中越沖地震により柏崎刈羽原発では,1号機の原子炉建屋の基礎で最大加速度680ガル,1号機の解放基盤表面とほぼ同じ深さの地中で993ガル,より浅い地中で760ガルおよび867ガル,サービスホールの地中で728ガルといった値が観測されている。今回公開された資料は,このような観測結果から「はぎとり波」を作成すると,最大加速度が1000ガルを大幅に上回ることを示唆している。

続きを読む "柏崎刈羽原発の解放基盤表面での地震波(はぎとり波)は地中のおよそ2倍"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月27日 (土) | トップページ | 2007年11月26日 (月) »