« 2007年11月15日 (木) | トップページ | 2007年11月28日 (水) »

2007年11月26日 (月)

中越沖地震により炉内構造物に生じた発生応力が弾性限界を超えた-耐震計算書の考察(2)-

東京電力の耐震計算書から、中越沖地震により、炉内構造物(シュラウド)に生じた発生応力が、弾性限界を超えている可能性が明らかになりました。この件について、3ページの説明資料を作りました。ファイルは図表が入っていますのでこちらをご覧ください。

ファイルのダウンロードはこちら

*********************************

中越沖地震により炉内構造物に生じた発生応力が弾性限界を超えた
柏崎刈羽原発の多数の安全上重要な機器・配管に変形・ゆがみが生じたことを示唆
-東京電力柏崎刈羽原発3号機耐震計算書の考察(2)-

2007年11月26日
福島老朽原発を考える会

 中越沖地震では,基準地震動S2を大きく超える揺れが柏崎刈羽原発を襲った。焦点の一つはこれが許容値を超えたかどうかである。許容値には2種類あり,一つが弾性限界を示すもの(以下「弾性限界の許容値」という),もう一つが施設の機能に影響を及ぼす過大な変形,亀裂,破損に至る限界に対応するもの(以下「破損限界の許容値」という)である。「弾性限界の許容値」を超えると,機器や配管が変形し,ゆがみが生じている可能性が出てくる。「破損限界の許容値」を超えると,機器や配管が破損する可能性が出てくる。少なくとも「弾性限界の許容値」を超えた時点で,原発の再使用はまかりならんということになるだろう。

 私たちは,東京電力に対し柏崎刈羽原発の耐震設計の詳細設計資料(3号機の工事計画認可申請書のうち建屋や機器・配管関係の耐震性についての計算書等)の公開請求をしている。その一部(原子炉建屋とタービン建屋の耐震性についての計算書)については閲覧が可能になったが,機器・配管関係の耐震計算書は未だに公開されていない。しかし,原子炉内にあり,燃料を取り囲むように設置された炉心シュラウドと呼ばれる炉内構造物の耐震計算書については,2001年(東電原発不正事件の1年前)に福島第二原発3号機のシュラウドひび割れ問題が発生したときに,経済産業省系の原子力公開ライブラリから入手していた。(工事計画認可申請書は,かつて公開されていた時期があったが,電力会社の要請により,再び非公開になったという。)これを改めて検討したところ,炉心シュラウドの下部銅では,中越沖地震によりこの部分に発生した発生応力が,弾性限界を示す許容値を超えていることが明らかとなった。再循環系配管や主蒸気系配管など他の安全上重要な機器・配管についても,「弾性限界の許容値」を超えていた可能性が十分にある。柏崎刈羽原発を再使用することは機器・配管の安全管理上も許されない。

続きを読む "中越沖地震により炉内構造物に生じた発生応力が弾性限界を超えた-耐震計算書の考察(2)-"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2007年11月15日 (木) | トップページ | 2007年11月28日 (水) »