2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 伊方原発へのMOX燃料到着が迫る中、八幡浜市で170名が反対集会 | トップページ | 共同の会が抗議活動…MOX燃料が伊方原発に到着 »

2009年5月27日 (水)

浜岡原発…プルサーマル予定炉を含む全号機停止間近

浜岡原発では、昨年5号機でタービン内の排気系で水素が爆発する事故が発生しました。一旦直ったはずなのですが、また水素濃度が上昇し、保安院に怒られる始末。いまだに原因不明で止まったまま。すると今度は定期検査に入った4号機でも水素濃度が上昇し、こちらも動かせず。1・2号機は廃炉予定、3号機も間もなく定期検査に入るということで、全号機停止となります。水素濃度上昇は、5号機に続いて4号機ですから、実はこれまでも起きていて、たいしたことはないと隠されていたのではないでしょうか。となると次の定期検査で3号機でもということになるかもしれません。プルサーマルが予定されているのは4号機です。

***********************

浜岡原発 5基の原子炉すべて停止か 設備トラブルなどで /毎日新聞

 中部電力の三田敏雄社長は25日の定例会見で、浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)に5基ある原子炉が、設備トラブルなどで6月にもすべて停止する可能性があると示唆した。同原発が全面停止した場合、1976年の1号機の営業運転開始以来初となる。夏場の電力消費ピークには火力の発電量を増やすなどして対応するが、火力の発電コストは原発に比べ割高なため、収益悪化は必至だ。

 浜岡は中電が持つ唯一の原発。1、2号機は廃炉予定で今年1月に運転を終了。5号機は定期検査中の昨年11と12月に、4号機は今月5日、タービン内の水素濃度が上がる異常が見つかり停止している。残る3号機も6月下旬までに定期検査のため停止する。

 三田社長は4、5号機の異常について、現時点では原因が特定できないとしたうえで、再開時期は「しっかり原因を究明し、地元の理解を得たうえだ」と言及。3号機が停止する6月には間に合わない可能性を示唆した。全面停止した場合でも、古い火力発電所の運転を再開するなどの対策をとるため「電力供給に心配はない」とするが、石油消費量が増えることから4、5号機の停止は1日当たり4億円弱の営業減益要因になるという。【宮島寛】

« 伊方原発へのMOX燃料到着が迫る中、八幡浜市で170名が反対集会 | トップページ | 共同の会が抗議活動…MOX燃料が伊方原発に到着 »

13 浜岡原発プルサーマル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浜岡原発…プルサーマル予定炉を含む全号機停止間近:

« 伊方原発へのMOX燃料到着が迫る中、八幡浜市で170名が反対集会 | トップページ | 共同の会が抗議活動…MOX燃料が伊方原発に到着 »