2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月 4日 (土)

プルサーマルと佐賀県の100年を考える会が古川知事との直接面談を県に申し入れ

玄海原発プルサーマル計画:反対派の市民団体、知事に面談申し入れ /佐賀毎日

 九州電力玄海原発3号機で今秋にも始まるプルサーマル発電に反対する市民団体「プルサーマルと佐賀県の100年を考える会」は2日、古川康知事との直接面談を県に申し入れた。同会は「国には、プルサーマルをはじめとした核燃料再処理計画から後退の動きがある」と主張。知事にも同発電を延期し、見直すよう求めている。
 同会がこの日提出した要望書では、電気事業連合会が6月12日にプルサーマル実施の目標達成時期を延期したことや、青森県六ケ所村の再処理工場の稼働の遅れを指摘。「九電もプルサーマルを急いで実施するべきではない」と訴えた。
 同会によると、知事との面会はこれまでも要求してきたが、県は「プルサーマルの是非を問う住民投票を求められた時に面会した。その後、状況に変化はないので会う必要はない」と拒否しているという。同会はこの日の県との交渉で「電事連などの動きは変化だ」と反論した。【上田泰嗣】

2009年7月 1日 (水)

「止めようプルサーマル!女川原発地元連絡会」が石巻市長に住民討論会の開催等を求める要請

「地球とともに」 STOP再処理工場 石巻市へ申し入れ 市長理解をしめす
http://blogs.yahoo.co.jp/chikyuutotomoni/29965757.html

女川原発:プルサーマル計画 検討会設置など石巻市長に要請--反対組織 /宮城毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090630-00000048-mailo-l04

 東北電力女川原発3号機のプルサーマル計画に対し、石巻市内の反原発団体などで組織する「止めようプルサーマル!女川原発地元連絡会」は29日、亀山紘・石巻市長に住民討論会の開催や有識者による検討会の設置を求める要請を行った。
 同連絡会は、(1)自治体主催の住民討論会の開催(2)プルサーマルに賛成と批判的な立場の有識者による検討会の設置(3)安全協定に基づき設置されている監視協議会の役割と権限について県、石巻市、女川町の3者で再認識する--の3項目を要請した。
 亀山市長は(1)と(2)の要請については「市民に分かりやすく理解してもらうことは大切。住民討論会、有識者による検討会設置は当たり前のこと」と述べた。
 また、県が「監視協議会で検討できる」として新たな検討会の設置に否定的な姿勢を示していることに対しては、亀山市長は「プルサーマル計画は監視協議会で協議すべき問題ではない。別組織で検討すべきだ」と、新たな検討会の設置に前向きな考えを示した。【石川忠雄】6月30日朝刊

「地球とともに」 STOP再処理工場より
http://blogs.yahoo.co.jp/chikyuutotomoni/28988220.html

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »