« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月26日 (木)

11月3日学習・討論会他-美浜の会メールニュースより

美浜の会メールニュースより

[1]11月3日 学習・討論会のご案内
[2]小冊子「再処理工場による海の放射能汚染」の紹介
[3]教育基本法が危ない![緊急アクション] 改悪反対の声をメールで送ろう

★11月3日(祝)学習・討論会のご案内 「六ヶ所再処理工場のいま」

 今回は、六ヶ所再処理工場の現況を主なテーマとします。8月から始まった第2ステップでは燃料せん断が長期間中断する等の異常が起こっています。また、海洋や大気への放射能放出の状況についても報告します。
 8月18日に始まった核燃料のせん断は、わずか1日のみで、その後1ヶ月半もの間中断していました。この長期の中断は「固着物」がせん断機内に溜まったためということですが、原燃は詳しい情報を公開していません。いったい何が起こっているのか、最新の情報も含めて明らかにします。

 10月3日に再開したせん断も、10月9日から約1週間中断となりました。この10月9日には米軍や自衛隊が核実験のサンプリング調査を始めました。六ヶ所再処理工場でせん断を行えば、主排気筒からクリプトンなどの放射能が放出されます。核実験の放射能サンプリング調査のじゃまになるため、せん断を中止した疑念があります。原燃は明確な回答をさけています。核実験に反対するのはもちろんですが、日常的な放射能汚染にも反対していきましょう。
 また、三陸沿岸では、海洋放出に反対する声が高まっています。若い人々にも反対の声が広がっている新しい状況などについても紹介します。これらを通じて、今後どのような取り組みが必要か等について議論しましょう。

 特別報告として、プルサーマルをめぐる状況、美浜3号機の運転再開を巡る状況についても報告します。
 是非、ご参加ください。
 日時:11月3日(祝)午後1:30~4:30
 場所:エルおおさか南館101号室
   (地下鉄・京阪:「天満橋」下車 西へ徒歩7分)
 主催:グリーン・アクション/美浜の会
 詳しい案内はこちらです。
 http://www.jca.apc.org/mihama/annai/toronkai061103.htm
<関連情報>
●せん断の長期中断の理由を明らかにすべきです
 ◆せん断機内の「固着物」によるため?・・・8/19~10/3(約1ヶ月半)
 ◆排気筒からの放射能放出が核実験モニタリングのじゃまになるため?・・・10/9~10/16
 http://www.jca.apc.org/mihama/reprocess/sendan_stop061023.htm

★新しい小冊子「再処理工場による海の放射能汚染」

 アクティブ試験開始以来、海に放射能が垂れ流されています。原燃は「薄まって拡散するから大丈夫」と言っていますが、フランスやイギリスの実態はそうではありません。海岸や湾内に放射能が蓄積され、海岸で遊んだ子供たちに白血病が多発したり、海は半永久的に汚染されています。このような内容をコンパクトにまとめています。是非、ご一読ください。
 発行:美浜の会 2006年9月 A5版15頁  
 頒価:200円 送料(5冊まで)80円
 ご注文は、メールかFAXでお願いします。
 メール:mihama@jca.apc.org   FAX:06-6367-6581
 小冊子の案内はこちらです。http://www.jca.apc.org/mihama/

★教育基本法が危ない!緊急アクション 改悪反対の声をメールで送ろう

 国会で教育基本法改悪のための審議が始まりました。来週30日から集中審議が始まり、政府は11月上旬にも衆議院で「改正」案を採決しようとしています。これは教育関係者だけの問題ではありません。「愛国心」教育の強制や教育の格差を一層拡大することにつながっていきます。憲法改悪の先取りでもあります。
 緊急アクションとして、衆議院教育基本法特別委員会の与党議員に改悪反対のメールを送る取り組みが開始されています。是非、あなたの声を送ってください。
 メールはこちらから送ることができます。http://www.jca.apc.org/stopUSwar/
 寄せられたメッセージはこちらで見ることができます。
 http://www.jca.apc.org/stopUSwar/form/messages.htm

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »