« 高知・徳島県知事が原環機構へ/拒否条例制定の直接請求運動始まる | トップページ | 臨時県議会で玄海プルサーマル県民投票条例案否決をうけての声明文 »

2007年2月 2日 (金)

NUMOの辞書に「受理」の文字はない!?

070201_14110002 NUMOへ行ってきました。核のゴミキャンペーンのみなさんと岐阜から兼松さんも見えました。

NUMOは、業務部総務マネージャーの吉松氏と立地広報マネージャーの笹岡氏が対応しました。返事を濁して誤魔化して、しかし結局のところどうなんだと回答を迫ると規定通り強引に進めるという返事しか返ってこないという状況が続きました。以下が向こうの主な回答です。

■NUMOの辞書には「受理」という言葉はない!?
NUMOには手続き上「受理」という言葉はない。受け取った、いただいた、受領した。これを一般的に「受理」と受け取ってもらって結構だ。

…受理と受領は違うということをNUMOの人から聞かされた、今行っている審査で受理を決めるのではないかという話をさんざんしたのですが、本人がいないのでわからないと誤魔化していました。

■いきなり応募が来たので意向を聞いたらいきなり取り下げると言われた??
昨年3月に東洋町長の応募を突き返した件については、郵便物を受け取ったので、それを受理だといわれればそうなる。事前に何も相談なくいきなり届いたので、町長に電話をしたら取り下げると言われた。事前協議をして取り下げることを確認した。前回の応募書類には不備はない。これを受け取っても手続き上はまったく問題なかった。

…電話で何といったのか。応募の条件について何か言ったから取り下げたのではないかとしつこく聞いたのですが「町長に聞いてくれ」としか言いません。郵便を送りつけて電話してみたらいや取り下げるというのではただの「いたずら」になってしまいますよね。

■町民・町議の過半数が反対していることは知っているが町長も覚悟をもって応募している…だって
今回は事前協議をした、説明会もした、電話をして意志を確認した。町民の過半数が反対の署名をしていることも町議会で過半数が反対していることも報道で見ている。県や隣接町村が反対していることも新聞に書いてあることは知っている。そういった状況を踏まえて東洋町長が応募している。町長は覚悟をもってやっている。あくまで首長の判断だ。

■今行っている審議で町民の合意等について議論する気はない
今国への申請前の審査を行っているが、地質等についての確認をするだけ。町民も町議も反対が過半数だと言っても、賛成の方もいる。

…今行っている審査で社会的な状況が議論の対象になるのかについては、何度も質問しました。はじめのうちは、よくわからないと誤魔化していましたが、最後にはやらないと。「賛成の人もいる」というのは、町民全員反対でない限りは問題ないということでしょうか??あくまで強硬に事を進める構えです。

最後に、岐阜の市民団体連名の要請書と核のゴミキャンペーンからの要請書を渡して終わりました。

|

« 高知・徳島県知事が原環機構へ/拒否条例制定の直接請求運動始まる | トップページ | 臨時県議会で玄海プルサーマル県民投票条例案否決をうけての声明文 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NUMOの辞書に「受理」の文字はない!?:

« 高知・徳島県知事が原環機構へ/拒否条例制定の直接請求運動始まる | トップページ | 臨時県議会で玄海プルサーマル県民投票条例案否決をうけての声明文 »