« 2008年4月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月26日 (木)

委員へ手紙を書こう-30日にガラス溶融炉再開が決まるかは流動的

■30日にガラス溶融炉再開が決まるかは流動的

本日(25日)に行われた保安院交渉は、昨日24日の再処理WGで原燃の報告に対する保安院側の評価書が出たかどうかが一つの焦点だったのですが、核燃料サイクル規制課の金城氏は、「そのようなものは存在しません」と。実際には24日に出すつもりが出せずに明日26日にずれ込んだというところでしょう。ガラス溶融炉の運転再開が30日の核燃料サイクル小委員会で決まらない可能性はあるのかと聞くと、「地方紙で掲載された石井課長の話もある」と、向こうから今朝の東奥日報の記事をもちだしました。東奥日報の記事は、「ガラス固化体製造試験再開30日に了承か」というものですが、最後に「三十日に開く同小委員会について、石井課長は「より厳しい対応を求める可能性もあり、(結論が出るかどうか)分からない」と述べるにとどめた。」とあります。交渉後に行った記者会見の場にいた記者たちも、30日に決まるかどうかは微妙だという感触を持っていました。

■委員へのお手紙を

流動的な今こそ委員へのはたらきかけが重要です。時間はありませんが、金曜日までに届くよう、手紙、FAX、メール等を送ってください。内容については美浜の会のHPを参考にしてください。
http://www.jca.apc.org/mihama/reprocess/anzen_shoi_letter080625.htm
http://www.jca.apc.org/mihama/
名簿は最後に付けます。

■30日の傍聴・抗議行動

30日の核燃料サイクル安全小委員会の傍聴申し込みは明日12時までです。申し込み方法はやはり最後につけます。30日当日は、委員会の前後に経済産業省前で街宣を行います。委員会後については、もしガラス溶融炉が容認されるようであれば抗議行動に切り替えます。傍聴に漏れた方も是非ご参加ください。

<6月30日(月)>
 9:00~ 9:30 経済産業省別館前街宣
10:00~12:00 核燃料サイクル安全小委員会
       (虎ノ門パストラルホテル:地下鉄神谷町)
12:30~13:00 経済産業省別館前街宣(抗議行動)

*******************************
核燃料サイクル安全小委員会名簿

委員長
松本 史朗  原子力安全基盤機構技術顧問
105-0001 港区虎ノ門3丁目17番1号TOKYUREIT虎ノ門ビル
TEL03-4511-1111(代表)/  FAX03-4511-1297(広報)

明石 真言  放射線医学総合研究所緊急被ばく医療研究センター
被ばく医療部部長
263-8555 千葉市稲毛区穴川4-9-1
TEL043-206-3026(広報)/  FAX043-206-4062(広報)

有冨 正憲  東京工業大学原子炉工学研究所所長
152-8550 目黒区大岡山2-12-1N1-13大岡山キャンパス北2号館224号室
TEL03-5734-3059  / FAX03-5734-2959(事務室直通)

井川 陽次郎  読売新聞社論説委員
100-8055 千代田区大手町1-7-1
TEL03-3242-1111(代表)/  FAX 読売新聞のHPから送付可能

石榑 信人 名古屋大学医学部保健学科教授
461-8673 名古屋市東区大幸南 1-1-20
TEL052-719-1504(庶務)/ FAX?

塩見  哲 電力中央研究所特別顧問
270-1194 千葉県我孫子市我孫子1646 電力中央研究所我孫子地区
TEL04-7182-1181 / FAX04-7182-9417

城山 英明  東京大学大学院法学政治学研究科教授
113-0033 文京区本郷7-3-1
TEL03-5841-3131(代)/  FAX03-5841-3174

須藤 俊幸  日本原子力研究開発機構次世代原子力システム研究開発部門
次世代再処理システムユニット工学規模ホット試験施設グループ技術主幹
319-1184 那珂郡東海村村松4-49
TEL029-282-1122 /  FAX029-282-2309

関村 直人 東京大学大学院工学系研究科システム量子工学専攻教授
100-8126  東京都文京区本郷7-3-1 
sekimura@q.t.u-tokyo.ac.jp
http://www.q.t.u-tokyo.ac.jp/lab/sekimura.html

関本 博  東京工業大学原子炉工学研究所教授
152-8550 目黒区大岡山2-12-1 N1-17関本研究室
TEL03-5734-3066  /  FAX03-5734-2959

中島 健  京都大学原子炉実験所教授
590-0494 大阪府泉南郡熊取町朝代西2丁目
TEL072-451-2300  /  FAX072-451-2600

中村 博文 日本原子力研究開発機構次世代原子力システム研究開発部門
319-1194 那珂郡東海村村松4-33
TEL029-267-4141 / FAX029-267-7173

三好 慶典 日本原子力研究開発機構東海研究開発センター
原子力科学研究所安全試験施設管理部次長
319-1194 那珂郡東海村村松4-33
TEL029-282-6671 / FAX029-282-6798

吉澤 善男 東京工業大学原子炉工学研究所教授
152-8550 目黒区大岡山2-12-1N1-16
TEL03-5734-3075 / FAX03-5734-3749

*******************************
原子力安全・保安部会第17回核燃料サイクル安全小委員会-開催通知
http://www.meti.go.jp/committee/notice/0005139/0005139.html

開催概要
日時 2008年6月30日(月) 10:00~12:00
場所 虎ノ門パストラルホテル新館5階「ローレル」(東京都港区虎ノ門4-1-1)
議題 1.日本原燃株式会社「再処理施設高レベル廃液ガラス固化設備の安定運転条件検討結果報告」について 2.その他

傍聴(マスコミ関係者の取材及び撮影(冒頭のみ可)も含む)をご希望の方は、6月26日(木)12:00までに氏名、職業(所属・役職)、連絡先(電話番号・FAX番号)を明記の上、下記問い合わせ先まで、FAXまたは電子メールにて登録ください。ご登録なき場合は、原則傍聴をお断り致します。一般傍聴席は60席とし、届きましたFAXまたは電子メールにて入場番号を27日(金)12:00までに、登録者全員に返信します(当日受付時に提示ください。)ので、万一連絡がない場合には、同日17:00までに担当者まで電話で確認ください。連絡先が不明瞭な場合は、傍聴不可となることがあります。希望者多数の場合は、抽選をとし抽選の結果を同様に連絡します。傍聴可の方にのみ、入場番号をお知らせしますので、受付時に入場番号及び身分を証明できるものを提示ください。なお、登録者本人以外の方が入場する場合は、委任状及び身分を証明できるものを提示ください。

問い合わせ先 原子力安全・保安院核燃料サイクル規制課 斉藤、沖田
TEL:03-3501-3512
FAX:03-3580-8484
E-MAIL:saikurukiseika@meti.go.jp

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月24日 (火)

ガラス固化溶融炉再開を許さないために

六ヶ所再処理のガラス固化問題で、30日の午前中に核燃料サイクル安全小委員会の開催通知が出ました。これに先立って、非公開の再処理WGが、20日、24日に続いて26日にも日程が入りました。強引なスケジュールです。30日の小委員会で原燃報告を承認して即日か翌日にはガラス溶融炉再開を強行しようという動きになっています。委員へのはたらきかけが非常に重要になっています。以下の取り組みをよびかけます。

■25日の諸行動にご参加ください

・6月25日水曜日は、保安院交渉、経済産業省別館前行動、夜の討論集会など諸行動が予定されています。ぜひご参加ください。

13:30       集合    参議院議員会館ロビー
13:30~15:00 事前打合せ 参議院議員会館第一会議室
15:00~16:00 保安院交渉 参議院議員会館第一会議室
17:00~17:30 記者会見  経済産業省記者クラブ
18:30~19:00 経済産業省別館前行動
19:30~21:00 ガラス固化問題討論集会 総評会館501会議室

※総評会館は新御茶ノ水駅が最寄です。別館前から皆で移動しましょう。
※交渉の主催は原子力政策転換議連(川田龍平参議院議員ほか)、別館前行動の主催は再処理止めたい!首都圏のつどい、討論集会の主催は、福島老朽原発を考える会とストップ・ザ・もんじゅ東京です。集会の参加費は500円です。

当日の連絡先 090-8116-7155 阪上まで

■核燃料サイクル安全小委員会の委員へお手紙を

30日が月曜でしかも小委員会は午前10時開始なので、手紙は27日(金)までに届ける必要があります。

■30日の小委員会に傍聴・抗議を

小委員会は30日10:00~12:00まで、虎ノ門パストラルホテル(地下鉄神谷町)で行われます。傍聴は事前に申し込みが必要です。26日昼が締め切りです。委員会の前後に経済産業省別館前で街宣を行います。ガラス溶融炉再開が決まるようであれば、抗議行動に切り替えます。

 9:00~ 9:30 経済産業省別館前行動
10:00~12:00 核燃料サイクル安全小委員会傍聴
12:30~13:00 経済産業省別館前行動

原子力安全・保安部会第17回核燃料サイクル安全小委員会-開催通知
http://www.meti.go.jp/committee/notice/0005139/0005139.html

開催概要
日時 2008年6月30日(月) 10:00~12:00
場所 虎ノ門パストラルホテル新館5階「ローレル」(東京都港区虎ノ門4-1-1)
議題 1.日本原燃株式会社「再処理施設高レベル廃液ガラス固化設備の安定運転条件検討結果報告」について
2.その他

傍聴(マスコミ関係者の取材及び撮影(冒頭のみ可)も含む)をご希望の方は、6月26日(木)12:00までに氏名、職業(所属・役職)、連絡先(電話番号・FAX番号)を明記の上、下記問い合わせ先まで、FAXまたは電子メールにて登録ください。ご登録なき場合は、原則傍聴をお断り致します。一般傍聴席は60席とし、届きましたFAXまたは電子メールにて入場番号を27日(金)12:00までに、登録者全員に返信します(当日受付時に提示ください。)ので、万一連絡がない場合には、同日17:00までに担当者まで電話で確認ください。連絡先が不明瞭な場合は、傍聴不可となることがあります。希望者多数の場合は、抽選をとし抽選の結果を同様に連絡します。傍聴可の方にのみ、入場番号をお知らせしますので、受付時に入場番号及び身分を証明できるものを提示ください。なお、登録者本人以外の方が入場する場合は、委任状及び身分を証明できるものを提示ください。

問い合わせ先 原子力安全・保安院核燃料サイクル規制課 斉藤、沖田
TEL:03-3501-3512
FAX:03-3580-8484
E-MAIL:saikurukiseika@meti.go.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年7月 »